GMOオフィスサポートとレゾナンス(バーチャルオフィス)を5つの項目で比較!

この記事では、人気のバーチャルオフィスであるGMOオフィスサポートレゾナンスを5つの項目で比較してみました。

今回は、バーチャルオフィスを利用する際に基本となる「1.料初期費用」「2.月額料金のプラン」「3.サービス内容」「4.利用可能な場所」「5.会社の信頼性」の項目を徹底比較しています。

両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを契約しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

目次

GMOオフィスサポートとレゾナンスを5つの項目で比較しました!

1初期費用で比較入会金などの契約時にかかる料金で比較してみました。
2.月額料金で比較プランごとの月額料金で比較してみました。
3.サービス内容で比較用意されているサービスの内容を比較してみました。
4.利用可能な場所で比較実際に使用可能な住所で比較してみました。
5.会社の信頼性で比較運営会社の規模や信頼性で比較してみました。

上記の5つの項目で、GMOオフィスサポートとレゾナンスを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.GMOオフィスサポートとレゾナンス初期費用で比較!

初期費用の比較表
税込み価格GMOオフィスサポートレゾナンス
入会金0円5,500円
デポジット0円1,000円
初回基本料金(1年分)7,920円~6,600円~

初期費用では、GMOオフィスサポートの方がレゾナンスよりもおすすめと言えるでしょう。

これは誰が見ても分かるように、GMOオフィスサポートには、入会金とデポジットがないからです。

一方で、レゾナンスの場合は入会金とデポジットを合わせると、合計で6,500円と少し高い気もします。

ちなみに、レゾナンスのデポジットとは、郵便物の転送料金や代理で捺印する際の手数料に当てられる料金です。

この他に、電話転送の際にかかる通信費の保証金でもあります。

また、このデポジットは、使い切ると再度チャージが必要です。

2.GMOオフィスサポートとレゾナンスを月額料金のプランで比較!

GMOオフィスサポートのプラン各種
プラン名月額料金郵便転送
転送なしプラン660円(法人登記不可)なし
月1転送プラン1,650円月1回
隔週転送プラン2,200円隔週
週1転送プラン2,750円毎週1回
レゾナンスのプラン各種
プラン名月額料金郵便転送
住所貸プラン550円(法人登記不可)週1回
月1回転送プラン990円月1回
週1回転送プラン※1)1,650円(月契約)
 3,300円(年契約)
毎週1回

※1)年契約ができるのは週1回転送プランから

※上の比較項目の数は適宜増減

月額料金では、GMOオフィスサポートよりもレゾナンスの方が、お得だと言えます。

それは、郵便物の転送回数が同じでも、月額料金が安いからです。

たとえば、郵便物が月1回の場合、GMOオフィスサポートが1,650円に対し、レゾナンスはたったの990円です。

また、最も安いプランでは、GMOオフィスサポートの場合、郵便物の転送はありません。

加えて、毎週1回転送してもらえるプランになると、レゾナンスの方が1,000円もお得です。

ただし、このときレゾナンスでは、年契約をする必要があるので注意しましょう。

なお、GMOオフィスサポートの場合、150gまでの郵便転送料金は無料ですが、レゾナンスは全て有料です。

そのため、レゾナンスを利用する際、郵便物の多い方は気を付けましょう。

3.GMOオフィスサポートレゾナンスをサービス内容で比較!

サービス内容の比較表
サービス内容GMOオフィスサポートレゾナンス
住所利用
法人登記
郵便転送〇(プランによって頻度は異なる)〇(プランによって頻度は異なる)
郵便物送料150g以内は無料
150g以上4kg未満 / 440円
4kg以上 / 実費
実費
電話転送
電話代行
電話番号取得
貸会議室

※上の比較項目の数は適宜増減

サービス内容の面で比較すると、レゾナンスの方が間違いなく有利と言えるでしょう。

なぜなら、レゾナンスのサービスは、GMOオフィスサポートよりもはるかに充実しているからです。

その根拠としては、上記の表を見ると分かるように、電話転送・電話代行・貸会議室が利用できるということです。

事業をする上で、電話転送や電話代行があると、ビジネスチャンスが増えます。

また、ときには得意先との急な商談や、打ち合わせが発生することもあるでしょう。

そんなとき貸会議室が利用できるというのは非常に便利です。

従って、サービス面ではレゾナンスの方が優れていると言えます。

ただ、前述でもありましたが、郵便物の送料に関してはレゾナンスの場合、すべて実費なのが残念なところです。

4.GMOオフィスサポートとレゾナンスを利用可能な場所で比較!

利用可能な場所の比較表
サービス名GMOオフィスサポートレゾナンス
利用可能な住所渋谷・青山・銀座・新宿・秋葉原・名古屋・大阪梅田・京都・横浜
福岡
浜松町、銀座、渋谷、新宿、横浜

※上の比較項目の数は適宜増減

GMOオフィスサポートは、レゾナンスよりも利用可能な場所が豊富に選べます。

レゾナンスも、銀座や渋谷というように大都会で住所が借りられるのは魅力です。

しかし、全店舗数は合計で5店舗しかありません。

一方で、GMOオフィスサポートの方は東京だけで5店舗、この他にも大阪・京都・福岡・名古屋にも展開しています。

そのため、東京以外にも事業展開したい方には、とてもおすすめです。

ただ注意点としては、名古屋と福岡の店舗は、郵便物の手渡し受け取りができません。

従って、郵便物のやり取りが頻繁にあるような事業を行う方は気を付けましょう。

5.GMOオフィスサポートとレゾナンスを会社の信頼性で比較!

会社概要の比較表
サービス内容GMOオフィスサポートレゾナンス
会社名GMOオフィスサポート株式会社株式会社ゼニス
事業内容バーチャルオフィス関連事業バーチャルオフィス事業
WEBサイト制作
Wi-Fiレンタル
住所〒150‐0043
東京都渋谷区道玄坂1‐2‐3 渋谷フクラス
東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ダイヤビル2階
設立2021年8月4日2016年1月
資本金290,000,000円10,000,000円

両者のバーチャルオフィスを比較した際、会社の信頼性としてはGMOオフィスサポートの方が高いと言えます。

それはやはり、インターネット関連大手のGMOグループが運営しているからです。

レゾナンスを運営する株式会社ゼニスも、2016年からバーチャルオフィス事業を開始しているので安心感はあります。

しかし、GMOオフィスサポート株式会社は東証プライムに上場しており、資本金は2億9千万円とかなりの巨額です。

バーチャルオフィス事業の歴史としてはまだ浅いですが、既に10店舗にまで拡大しています。

このように、驚異的な早さで事業拡大していることから、今後も需要は高まる事でしょう。

GMOオフィスサポートをおすすめの方はこんな人!

ここでは、GMOオフィスサポートがおすすめな方をご紹介していきます。

GMOオフィスサポートの利用者には、Web関係の仕事をされている方が多いようです。

では、具体的にどの様な人におすすめなのか見ていきましょう。

GMOオフィスサポートがおすすめな人①:とにかく安い料金にこだわる人

GMOオフィスサポートのバーチャルオフィスがおすすめなのは、とにかく安い料金にこだわる人です。

これは、月額料金が安いということも理由ですが、何と言っても初期費用が全くかからないからです。

また、GMOオフィスサポートでは今現現在キャンペーンを行っています。

こちらのキャンペーンを利用すると、1年契約の基本料金が10%OFFになります。

これに加えて、初回契約特典で3ヶ月分の利用料金が無料になるのです。

そのため、これから事業を開始する方で、なるべくコストを抑えたい人にはとてもおすすめです。

GMOオフィスサポートがおすすめな人②:法人口座の開設を簡単に済ませたい人

続いて、GMOオフィスサポートがおすすめな人は、法人口座の開設を簡単に済ませたい方です。

それは、GMOオフィスサポートが「GMOあおぞらネット銀行」と提携しているからです。

基本的にバーチャルオフィスの場合、銀行口座開設時の審査が厳しいため、開設しにくいという問題があります。

しかし、GMOオフィスサポートであれば、同銀行が口座開設のサポートまでしてくれます。

そのため、スタートアップで何かと忙しい方にとっては、非常にありがたいサービスと言えます。

GMOオフィスサポートがおすすめな人③:東京以外の都市でも利用したい人

東京以外の都市でもバーチャルオフィスを利用したい方は、GMOオフィスサポートが非常におすすめです。

なぜなら、GMOオフィスサポートは東京の他に、大阪・京都・名古屋・福岡にも店舗があるからです。

また、これらの店舗はすべて都市部にあるので、立地条件がとても良好と言えます。

オフィスの住所がこういった好立地の場合、会社のブランディングや信用力が向上します。

よって、GMOオフィスサポートを利用すれば、日本の主な都市で事業拡大させるチャンスが高まるでしょう。

>>GMOオフィスサポート(バーチャルオフィス)の良い評判や悪い口コミを徹底調査!

レゾナンスをおすすめの方はこんな人!

ここからは、レゾナンスがおすすめな方をご紹介していきます。

レゾナンスはバーチャルオフィスの中でもコスパが良いことで知られています。

気になる方は非常に多いと思うので、是非ご確認ください。

レゾナンスがおすすめな人①:貸会議室が利用したい人

レゾナンスは貸会議室を利用したい人には、とてもおすすめのバーチャルオフィスです。

理由としては、レゾナンスはすべての店舗で貸会議室の利用ができるからです。

レゾナンス以外でも貸会議室が併設されているバーチャルオフィスはいくつかあります。

しかし店舗によっては利用できない場合もあるのです。

レゾナンスであれば、全店舗で会議室が利用できるので、こういった心配がありません。

事業を運営する上で、顧客との打ち合わせは付き物です。

よって、貸会議室を頻繁に利用する方には、レゾナンスが非常におすすめです。

レゾナンスがおすすめな人②:郵便転送を安く利用したい人

バーチャルオフィスで郵便転送をなるべく安く利用したい人は、レゾナンスを強くおすすめします。

なぜなら、レゾナンスの住所貸しプランであれば、月額550円で郵便転送が利用できるからです。

都会で利用できる格安のバーチャルオフィスは、他にもいくつかあります。

しかし、郵便転送が利用可能でここまで安いところは、今のところありません。

また、転送してもらえる頻度は週1回なので、申し分ないでしょう。

ただし、住所貸しプランの場合は法人登記ができないので注意しましょう。

もし法人登記したい方は、最低でも月額990円の月1回転送プランに設定する必要があります。

レゾナンスがおすすめな人③:都会の住所を法人登記に使いたい人

レゾナンスは、都会の住所を法人登記に使いたい人には、非常におすすめです。

それは、都会の一等地であっても、月額990円から法人登記に使用可能な住所が借りられるからです。

レゾナンスの店舗は東京の浜松町、銀座、渋谷、新宿、横浜にあります。

これらの場所は、東京でも人気の一等地です。

法人登記の際に、大都会の住所を利用すれば、会社の信用やイメージを確実に上げることができるでしょう。

通常、都会にオフィスを置くと、月々の賃貸料だけでも10万円以上はかかります。

一方で、レゾナンスの場合、はるかに安い料金で利用できるのでとてもおすすめです。

>>レゾナンス(バーチャルオフィス)の悪い口コミから良い評判まで徹底調査!

GMOオフィスサポートとレゾナンスの比較まとめ

<GMOオフィスサポートがおすすめな人>

①とにかく安い料金にこだわる人
②法人口座の開設を簡単に済ませたい人
③東京以外の都市でも利用したい人

<レゾナンスがおすすめな人>

①貸会議室が利用したい人
②郵便転送を安く利用したい人
③都会の住所を法人登記に使いたい人

今回は、GMOオフィスサポートとレゾナンスの違いを5つご紹介しました。

簡単にまとめると、とにかく安く利用し始めたいなら、GMOオフィスサポートが良いでしょう。

一方で、安くて充実したサービスを受けたいのならレゾナンスがおすすめです。

ただ、どちらのバーチャルオフィスが絶対的に優れているということではありません。

あくまでも、ご自身の利用目的に合った方をお選びいただければと思います。

GMOオフィスサポートとレゾナンスは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「GMOオフィスサポート」と「Karigo」で比較する方も多いんです。

詳しくは「GMOオフィスサポートとKarigo(バーチャルオフィス)を5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次