report

2013年12月10日 17:46

飲食店の意義

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース

15期最後のゲストは、株式会社ゼットンの稲本さんです。
今回も心揺さぶられる熱いセッションになりました。


公共事業やAloha Tableなどの人気業態を展開するゼットンですが、
そのお店作りにはそれぞれの街に寄り添いつつ、展開されていることが
とても印象的でした。

公共施設では付帯施設ではなく集客施設へ。
Aloha Tableもハワイをテーマに、その街にあったハワイアンを展開しています。
稲本さんは人々が求めていることが変わったとおっしゃます。
自分の身なりや持ち物を高級品で固めたり、いつも他人と比べているような
スタイルを持ち続けていた時代から、身なりはカジュアルだけど心は満たされている。
それをリッチプア→カジュアルリッチという言葉で表現されていました。

そして飲食店の意義についても改めて教えてくださいました。
「僕らの仕事は一生ある」と稲本さんはおっしゃいます。

色んな産業が産まれて時には消えていくが、食べることは終わりません。
最近はFacebookなどのSNSも非常に普及してきましたが、
SNSの投稿は多くの人が飲食店などの「食」に対しての発信です。
人と会う、人と話す。その場所の多くが「飲食店」です。

SNSや電話、LINEなどを通じでもコミュニケーションを取ることは可能です。
しかし対面で人と人をつなぐ空間を作っているのは、飲食店なのだと。
誇りを持ってほしいと力強く励ましてくださいました。


リーダーシップについてもお話してくださいました。
今は人を引っ張って行くことではなく、組織図を逆さにすることだそうです。
背中を押してあげること。
そして一緒に進むべき目標を作ってあげる、決めてあげることだと
教えてくださいました。

飲食業とは何か、そして何をやっていくべきなのか、
改めて考え直すきっかけになったセッションでした。


(原田)


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.