report

2013年10月23日 10:47

これしかやらないと決めた

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース

初登場ゲスト、株式会社ノートの貫啓二さんです。
貫さんは「串カツ田中」という串揚げの業態で
近年急速に店舗数を増やしている今注目の経営者です。

「串カツ田中」は間もなく50店舗に達する勢いですが、
実はここに至るまでには貫さんはバーやレストランなど
飲食業界の中であれこれと挑戦してきました。

それがなかなか思うようにいかず、
倒産の危機まで追い込まれた中で、
最後に取り組んだのがこの串カツ田中なのです。

串カツや串揚げと言えば、
「サラリーマンが駅前繁華街で立ち飲み」というのが
一般的にイメージされますが、串カツ田中の1号店は
東京・世田谷の住宅街近辺に出店しました。

これが近隣住民に支持されて、サラリーマンはもちろん
家族連れなども利用する大繁盛店となるのです。

この立地を選んだ理由は一言で言えば
「近くに住んでいて、ここならいけると思ったから」
だそうです。

路線バスからの視認性、近隣エリアでの競合店の少なさ
など、その地域を十分に把握しているからこそ持てた
「確信ある肌感覚」と言えるでしょう。

定量的なマーケティング視点も大切ですが、
特に1号店においては、こうした感覚は実はとても
大切なのかもしれません。

それ以降、立て続けに住宅立地でヒットを飛ばし、
この2年あまりで指数関数的に店舗数を伸ばしています。

そこまでスピードにこだわる理由を
貫さんは明快に持っています。

例えば「焼鳥」であれば、街に数軒があっても
共存することができます。しかし、串カツ・串揚げは
貫さんいわく「街に1つで十分」なのだそうです。

となると、競合も勢力を伸ばす中、
「陣取り合戦」とならざるを得ません。
競合よりも一刻も早く手を打つことこそが
生命線なのです。

そうしたこともあり、貫さんは
「これからは串カツ田中以外はやらない」
と明確に決めたのだそうです。

これは実はなかなかできない決断です。
ブランドが飽きられることや、仮に食肉における問題
(かつてのBSEや鳥インフルエンザなど)がおきることも
想定すれば、リスクヘッジしたくなるのが
普通だと思うからです。

そうした問いに対しては、こう答えられました。

「確かに恐怖心はある。
けれども、何をどうやっていても
そうしたリスクからは逃れられないと思う。
だったら、その恐怖心を逆に利用して、
やっていることを常にブラッシュアップ
していけばいいのではないか」。

こうした貫さんの腹の括り方が、
串カツ田中の勢いを支えているのだと実感しました。

(子安)


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.