report

2013年03月19日 16:50

役者のゴール

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

3月10日のセッションは「ゲロッパ!」から始まり、「パッチギ!」、「嫌われ松子の一生」、
「フラガール」などで助監督を務め、「キトキト!」で監督をされた吉田康弘監督にお越し頂きました。

201303190201.JPG

吉田監督は僕自身のデビュー作となった、「パッチギ!LOVE&PEACE」の助監督もされていて、
その吉田監督に直接演技指導をしてもらえるという事で、個人的にとても楽しみにしていました。
始めにとても貴重なお言葉をいただきました。
「映画俳優としての最終的なゴールとは?」
吉田監督は、映画に出た、自分の芝居が監督に喜ばれた、現場に出て芝居するだけがゴールでは無いし、目的をそこに持ってきてはいけないとおっしゃいました。
自分が出演した映画を実際に劇場で観て、お客さんの反応を見て確認して、完結してほしいと。
監督が役者の芝居を面白かったと評価してくれても、それがお客さんに伝わってなければ意味がないし、最終的に判断して評価するのはお客さんであって、
それを自分自身で感じるためにも劇場で観てみないといけない。
この言葉を聞いて、恥ずかしい気持ちになりました。
今まで自分自身、映画に出演したという時点で満足していたし、
そうやって自己満足で終わっていた自分が恥ずかしく、監督の言葉が正に図星でした。
こうやってただ自己満足で終わる人は沢山いて、こんなありふれた考え方、感覚、
俳優としての姿勢、スタンスではオンリーワンにはなれないと気付かされました。

201303190202.JPG

そんな事を思った後に、いざ監督の前で実践。
今回は、高畑勲監督の「おもひでぽろぽろ」からの抜粋が課題でした。
吉田監督の演技指導、一言で、本当に映画の現場にいるようでした。
今回の課題は、登場人物の何とも言えない細やかな感情の流れ、
人間の繊細な気持ちの部分をどう表現するのかがテーマであり、とても難しいところでした。
監督は、一つ一つ丁寧に細かくわかりやすく、よりリアリティが増すように、的確に指導してくださいました。

201303190203.JPG

演じる役の雰囲気だけ出せても足りない、その役の繊細な気持ちの部分を表現するため、
一つ一つのセリフをなんとなくではなく、しっかり裏付けをして読み取って、
目的を持って相手にぶつけていかなければいけないと思いました。
正直、時間が全然足りなくて、もっともっと吉田監督に指導していただきたかったです。
芝居って本当に奥深く面白いなぁと、改めて思った一日でした。
貴重な時間、経験をさせていただいてありがとうございました。
5月から公開、吉田監督の最新作「旅立ちの島唄〜十五の春〜」、必ず観に行きます。

レポート作成:9期生 成田瑛基


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.