report

2013年01月29日 17:34

一期一会

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

1月20日のスクーリングパッド9期のレッスンは
ゲスト講師として三原光尋監督にお越し頂きました。

2013012901.JPG

冒頭は一回目の講師であり更に2回目、3回目と立ち会ってくださる、
木下ほうかさんのお話から始まりました。
今までの2回のレッスンを見て来たほうかさんは、台本を読む力の大切さについて話されました。

2013012902.JPG

役作りとはあくまで台本に書かれている事には従ったうえで、
書かれていない背景を役者が作り上げ、それが表現できてこそはじめて成立するもの。
そのベースが甘いままでは残りのレッスンも同じ反省を繰り返す事になるのではないか、
それでは結果も同じになってしまう、と。

スクーリングパットのレッスンが始まってからは、一週間がレッスンのある日曜日に向かっていて
本当にアっという間に過ぎてしまう。と感じていた私は改めて残りのレッスンへの
取り組み方を考え直さねばと、身の引き締まる思いになりました。

そしてそのバトンを受け取るように三原監督のレッスンへと。

三原監督のレッスンは、「一期一会」=今日出会いは、
次、現場での再会につながる時間にしなくてはいけない!という力強い言葉で始まりました。

そして「まず台本について無駄話」をしよう!と私たち一人ひとりに
気楽に台本について語るようおっしゃいました。
皆の発言に対して三原監督が質問や意見を少しずつ加え、それに答えるにつれ、
大まかなストーリーから徐々に細部の設定や台詞の1つ1つへと・・・
「むだ話」は少しずつディスカッションへと変わっていきました。
敢えて皆の前で言葉にする事や、他の人の意見を聞く事で、自分自身、
何を根拠にそう受け取っていたのか、勝手なイメージだけが先行してしまっていた部分、
あるいはしっかりと書いてあるのに流してしまっている部分など、
改めて台本の読み方、向き合い方に気づかされる時間でした。
そして実際に演技レッスンへ

2013012903.JPG

ここでも、一人ひとり何を思ってそう表現したのかを聞き〜
それがどんな風に伝わったか細かく意見をしていただきました。
落としてる点がたくさんある事に気づかされ、表現した「つもり」になっている自分が悔しいと思いました。
レッスン中、三原監督は、これまでの映画製作でのオーディションや現場でのエピソード、
映画にかける思いから大好きな美味しい食べ物の話までいろんな表現を用いて語って下さいました。
印象に残る言葉ばかりでしたが、私が一番印象に残ったのは
「映画を撮る時はいつも、めちゃくちゃ好きで、めちゃくちゃ怖い」。
その言葉に深い「映画愛」と強い共感を得られました。

レポート作成:9期 後藤 ひろみ


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.