report

2012年12月10日 16:52

健康な野菜が美味しい

Report TOP > 農業ビジネス学部

ゲストスピーカーは久松農園の久松達央さんです。
「健康な野菜が美味しい」を栽培コンセプトに、
年間50種類の露地野菜を農薬・化学肥料を使わずに育て、
直接お客様に販売していらっしゃいます。

201212110201.jpg

もともとは田舎暮らしが好きという
漠然とした理由から脱サラして就農を考えたそうですが、
研修中に、売る事とつくる事は一体であると感じたことや、
農業は夫婦でするものと言われたことへの違和感から、
一人で消費者直販を行う道を選択したそうです。

久松さんにとって有機農業とは「生き物の仕組みをいかす農業」であり、
無農薬・無化学肥料は、あくまでもその「手段」に過ぎないと語ります。
農薬を使わない安全な食べ物を消費者に、と掲げる生産者が多い中、
それはものづくりの方法であって、無農薬そのものに価値はない、
と言い切る久松さんに、クルーも衝撃を受けます。

そして、有機農業3つの神話の
1.有機は安全
2.有機は美味しい
3.有機は環境によい
は、必ずしもそうではないと続けます。

例えば、なぜ有機野菜が美味しいのか?
それは有機野菜が結果的に品種・時期・鮮度を満たしているからであり、
有機という栽培方法だけが寄与しているわけではありません。
適した時期に、適した品質を育て、鮮度よく届けることが大事であり、
そのため、畑から玄関までが有機農業ととらえているそうです。

有機野菜は、安全な野菜ではなく「健康な野菜」であり、
有機農業は、作物を美味しく健康に育てる近道である。
久松さんが目指しているのは、滋味のある野菜作りと語ります。

漠然とした有機農業のイメージを良い意味で壊し、
そして丁寧に説明してくれる久松さんの話に、
クルーも引き込まれていきます。

201212110202.jpg

現在は無農薬・多品目・直販で、
個人宅配や飲食店へ販売されていますが、
そのスタイルは、決して楽なものではありません。
その面倒で誰も手をつけないということが、
結果として差別化になっていると語ります。

また自らの生き残り戦術として、
・安売りの土俵には乗らないこと
・ニッチな商品ほど全体をみて引っかかりの多い商品とすること
・若さプレミアムのある短い期間に自分の売りを見つけること
などについて、話していただきました。

また久松農園では、スカイプやGoogle Docsなど、
IT技術も非常によく活用しているようですが、
知識のデータベース化など足りない部分があると、
農業周辺サービスについてのヒントもいただきました。

201212110203.jpg

自らネットワーク力や発信力が強みであると語るように、
久松さんは様々な勉強会なども主宰されるなど、
横の繋がりも大事にされています。

これからの農業を牽引するリーダー格的存在として、
新しい有機農業の形を作っていかれるのでしょう。
これからの日本の農業が楽しみになる講義でした。

(山田)


Report TOP > 農業ビジネス学部


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.