report

2012年01月10日 12:48

アイデアとそれを体現できる技術

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

今回のセッションは現在公開中『ハードロマンチッカー』の
グ・スーヨン監督にご登壇いただきました。

20120110b01.JPG

ご存知の通りグ監督は数々の名作CMを手掛けたCMディレクターでもあり、
自身の映画の原作も書かれておられるわけですが、まずグ監督は
そんな自身の生い立ちやこの業界に入った経緯、小説を書くに至った経緯、
自身の性格や映画の裏話などをお話して下さいました。
そのお話が面白い!

今回のハードロマンチッカーも自伝的映画ですから嘘のような本当のお話がどんどん出てきて
監督の人生だけでも何本もの映画が撮れるだろうと思うほどでした。
特に興味深かったのはグ監督の一週間の生活でした。
グ監督は20歳からずっと週に10本の映画を観て、10冊の本(小説を除く)を読み、
10枚の音楽アルバムを聴くということを続けているということです。

20120110b02.JPG

これだけの量を1週間にこなすというのは容易ではありません。
忙しい生活の中で寝る間も惜しんで何故それだけの事をしているのかとクルーが質問すると、
「それは学習するため」と。
「クリエイティブな仕事をするためにはまずアイデアが絶対に必要。
人間は頭にあることしか出てこない。
アイデアが無ければ何も生まれない」
さらに「役者はそのアイデアの引き出しを自らの体で体現出来なければ意味がない。
いつでもそれらを引き出せるスキルが必要だし、そのためには訓練が絶対に必要だ。」
と仰っていました。
シーンによっては感情が絶対に必要な場面は出てきます。
現場では沢山の人が見ている中で自分をさらけ出し感情を出さなければならない場面が出てくる。
その時に必要なのは日頃の訓練であり、自由に感情を引き出せるように自分を分析する必要がある。
グ監督は一流の俳優であればあるほどそういった努力をしていると仰っていました。
僕たちよりはるかに忙しいグ監督や、一線で活躍している俳優が
今でもそういった努力をしている事にクルー達も
自分の生活を見つめ直すきっかけになったのではないでしょうか。

そしてセッションに入っていきました。
今回の課題は3人芝居だったのですが、日常ではほぼ触れることのない
拳銃が出てくるというシーンでした。
拳銃に対してのリアリティも今回の課題の大きなポイントだったと思います。
グ監督はまず何も言わずクルー達に自由に演じさせ3人のキャラクター、個性、芝居からヒントを得て
演出していくというスタイルでシーンを組立て行きました。
グ監督が特にポイントに置いていたのは“キャラクター”でした。
芝居を観て感じ取ったその時の3人のバランスに合ったキャラクターの印象やイメージ、アイデアを伝える。
声の高低差や態度や雰囲気など。
聞いていて今まで来られた監督と少し違うなと感じたのはグ監督が描いているだろうイメージでした。
それはCMという短い時間の中で観客を楽しませ印象付けなければならないという
フィールドで活動されていることからくるのか、まずは観客がそのシーンを見ていて
楽しい面白い、ということに今回の課題では重点を置いていたように思います。
グ監督のイメージを共有しイマジネーションが働いてきたクルーは
どんどん面白い芝居になっていきました。
その時“アイデア”というのがいかにそのキャラクターを
際立たせ面白いものにするか実感させられました。
アイデアや引き出しが頭の中になければ監督の演出にも答えられないし、
ヤンキーっぽくと言われてただステレオタイプに言葉遣いを変えたり、
相手に反抗するような態度を取るだけでなく、もしそこに瞬間的に
“アイデア”が思い浮かぶならばそれはそのキャラクターの癖に見えるかもしれないということである。

20120110b03.JPG

その俳優にしか作り出せないキャラクターになったかもしれないと感じました。

グ監督は仰りました
「観る人を納得させるために演じる。そのためには自分が納得したものでなければならない。」
時に俳優は感情やリアリティに固執し自分よがりになり観る側の事を忘れてしまう事があります。
もちろん感情やリアリティは重要ですが、俳優が俳優として存在していられるのは観る人がいるという事。それは監督という職業も同じだと。観客がいなければ俳優は存在し得ないということを
グ監督は今回のセッションで教えてくれたように感じました。
映画監督もCMディレクターも小説家も俳優も全てクリエイトしたものを表現し、
誰かに見てもらう仕事です。そのためにはアイデアやそのアイデアを活かす
技術が必要で、常に進化し観客に何かを与える仕事をするにはアイデアを
生み出すための努力をしていかなければならないなとクルー全員が感じたのではないでしょうか。

20120110b04.JPG


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2012年01月10日 12:03

コンビネーション

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

第8回目の講師は金子修介監督にご登壇頂きました。

20120110a101.jpg

今回の台本は女子2人男子1人の3人での芝居。まずクルーをグループ分けし順番を決めました。
今回のセッションの大きなポイントとしてこのグループ分けがあったと思います。
同じメンバーで何度もシーンを繰り返し、一周したらまた同じメンバーで芝居を繰り返していく。
グループを固定することにより自然と3人の中に空気感が生まれ、
より面白くいいシーンにしていこうという一体感が生まれてきたのを感じました。
休憩中などに次にやるときはこうしようというようなクルー同士が打ち合わせする姿は
今まではあまり見られなかった姿だったと思います。

20120110a102.jpg

また金子監督は一人一人に細かく、セリフの一言一言に指摘や演出をして下さいました。
演技をしていると自分はこうやっているつもり、こんな表情をしているつもりと思っていても
客観的には役者が意図している事とは違って伝わっていたり、また思った以上に
伝わっていないことが多々あります。
金子監督は監督の立場と観客の立場での視点で今の演技がどう伝わっているか、
演出としてこう伝えて欲しいということをそれぞれの役者に合わせて仰っていました。
また個人のレベルや癖に合わせて
「このシーンにおいて君はあまり芝居を楽しもうと思ってやらない方がいい。」
「感情は出てきてはいるけど、それがただの強弱だけの表現になっている。」
「あまり緊張せずナチュラルなのはいいが、君は緊張感を持って演技したほうがいい。」
など演技する上でのアドバイスも沢山して頂きました。
今回は何度か演じる事が出来たので、指摘されたことを調整して
2回目3回目に演じるという対応力も自分で試すことが出来たのではないでしょうか。

20120110a103.jpg

最後に今回の総評として金子監督が仰っていたのは
“芝居は一人でするものではない。
コンビネーションが大切。
カメラの前に立った役者同士がそれぞれのプランや想像力を使って
息を合わせてシーンを作り上げていく。
歯車が噛み合ったときに面白いものが出来るし誰も想像していなかったものが生まれる”
ということでした。
芝居を観ていて感じたのはこのコンビネーションが上手くいっている組は単純に面白いという事でした。
役者の反応が面白いし、その場で生まれた3人の間(ま)や空気が面白い。
逆に反応していないとつまらないし、何故そこでそうしないのと観ている側は感じてしまう。
役者が持ち込んだプランやキャラクターも面白いと感じることもありましたが、
一番面白いのはその瞬間の3人のやり取りだと感じました。
台詞や演出という決められた枠の中でどれだけ柔軟に相手役や
状況に応じたプランを相手に投げられるのか。
芝居をする上で当然の事ではありますが、スクパのセッションも現場と同じように
一発勝負という状況が多い中で、緊張したり自分が準備してきたことを演じる事で
いっぱいになりがちなクルーにとって今回のセッションでは緊張も解れ、
みんな単に芝居することを楽しんでいた様に感じました。

20120110a104.jpg

“柔軟な発想や応用力。”
たとえ一発勝負の状況であっても、芝居を楽しむことでリラックス出来た
今日の感覚を忘れずに残りのセッションに取り組んで貰いたいと思います。


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2012年01月10日 11:06

農業にはプロデューサーが足りない

Report TOP > 農業ビジネス学部

農業ビジネスデザイン学部5期の最後のゲストは、
中目黒の野菜スイーツ専門店「ポタジエ」を運営している
株式会社イヌイの柿沢直紀さんです。

2012011000.jpg

レストラン学部のゲストではおなじみの柿沢さんですが、
ご本人も「農業関係者の方がつながりが多いかも」と話すほど、
飲食の立場から農業に深く関わっていらっしゃいます。

野菜の魅力を伝えたいと話す柿沢さんですが、
そのためにポタジエでは、3年前から社員を畑に行かせているそうです。
すると、パティシエも販売者も、商品への愛着が全然違うと話します。

「農業って、生産だけではなく口に入るまでが農業だと思うんです。
 その中で、どの部分を支えるかという役割があります。」

そして一番不足しているのは、
口に入るまでのプロデューサーであると話します。
その事例として、柿沢さんが四万十市と一緒に開発した
かりんとうなどをご紹介いただきました。
これは何パターンも作って東京の女性に聞いて回ったそうです。

生産するだけの農業から、
外食産業や加工産業までを含めて考えることで
市場規模が拡大し、そこにチャンスが生まれます。

2012011001.jpg

最近では日本の食文化を海外にアピールする活動も
積極的の行っている柿沢さんですが、
日本の洋食屋やケーキなどを例に、
欧米直輸入ではなく「日本フィルタを通した食」が
アジアにおいてものすごく信頼されていると話します。

一方で柿沢さんは、アメリカのコンテンツ産業の強さと比較し、
日本の発信力の弱さを指摘します。
野菜スイーツの次に始めた野菜の寿司は、
日本の食文化を海外へ発信する意味もあるのだそうです。

経済の発展とともに食文化の欧米化が進む中国などは、
日本フィルタを通した食のニーズが確実に増しています。
そこに対し、日本の農業をしっかりと発信していくことが、
これからのビジネスチャンスにつながるのでしょう。

2012011002.jpg

野菜スイーツに続き、野菜のお寿司、
そして海外への進出も視野に入れている柿沢さん。
これから日本の農業をどうプロデュースしていくのか、
今後の活躍に注目です。


Report TOP > 農業ビジネス学部

▲TOP


<<<December 2011Report TOPFebruary 2012>>>

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.