report

2011年03月25日 10:49

【Football Saves Japan】

Report TOP > CREWからのお知らせ

映画ビジネスコース3期・脚本家コース1期生の上野さんより被災地支援運動のご案内です。


映画ビジネスコース3期生、脚本家コース1期生の上野直彦です。

【Football Saves Japan】

【概略】
個人やサポーターグループ、メディアや団体を横断した、被災地支援運動です。
全国のJリーグサポーターグループの有志やインターネット上mixiやtwitterなどの
ソーシャルメディアの動きから結成されました。
現在ひとりでも多くのご賛同者を、ひとつでも多くの組織・団体のご賛同を頂きたいと思っております。

【賛同者・団体】 3/23現在
・ソーシャルメディア賛同者(9,010名)
・個人賛同者(77名)
・賛同メディア(11媒体)
・賛同サッカーサポーターグループ(113グループ)
・賛同法人/団体(18団体)
※賛同者や団体個々のお名前は、日々増えているため
http://dekirukoto-football.jp/#figureをご参照ください。

サッカーを愛する人にできること
〜Football saves Japan宣言〜

-様々な垣根を越えて、サッカーを愛する人という立場から、
それぞれが被災者や地域に対する支援活動を行うことを私たちは表明いたします-

この未曽有の大災害に対して、多くのサッカーファン、さらには、Jリーグなどの試合の遠征で
幾度も訪れた地域に関係する人々が多いJリーグサポーター一同は、大変悲しみをおぼえております。

そして、この緊急の事態と被害の深刻さに深い憂慮を抱いているサッカーファン・サポーター有志から、
なにか自分たちにも出来ることがあるのではないか、との声が集まっております。

これにつきまして、サポーターの行動原則に基づいて、募金活動や節電などへの協力による背後支援、さらには緊急に人的な直接支援を現地で行うことなどまでも、
サポーター有志がすでに検討を開始しております。

具体的な活動については、各自の立場から行うものもあれば、連帯して行動することもあると思います。
また、すでに社会的に多くの人が参画している義援金寄付や、節電の活動が、
サッカーファミリーの中からも始まっており、今後は直接的なボランティアの派遣や
さらなる義援金活動まで、様々な可能性を探りながら、それぞれの立場から進められることになります。

わたしたちはひとつのサッカーファミリーとして、それぞれの立場や垣根を越えて、
様々な支援活動を行うことを決意しております。そのことをここに表明し、宣言させて頂きます。

サッカーを愛する人にできること〜Football saves Japan〜賛同者一同  

Football saves Japan事務局
info@dekirukoto-football.jp


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月24日 17:26

『東京の空に』

Report TOP > CREWからのお知らせ

俳優コース3期・レストランビジネスデザイン学部11期生の鹿野さんより、
ご自身が出演される舞台のご案内です。


映画学部俳優コース3期&レストランビジネスデザイン学部11期の鹿野浩明です。
今回は俳優としてのご案内です。


今回、実家のある宮城県も被災にあいました。
奇跡的に家族全員無事でしたが、身内や友人などを亡くされた方々のことを思うと、
心が張り裂けそうになります。
今は、自分に出来ることを、こんな時こそ娯楽をと思います。
楽しめる舞台にします!
よろしければ、劇場に足をお運び下さい。


マコンドープロデュース第一弾
『東京の空に』

演出:倉本朋幸
脚本:遠山浩司

音楽:碇英記
主題歌:MOGMOS


<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

「家ってさあ、自分自身を映し出すと思わない?」

東京で一人暮らしをしている女の子たち。
様々な思いを抱え、彼女たちは日々を生きている。


部屋は、その人自身を映し出す。
人の温かみにふれたとき、
部屋は、淡く、優しく、彼女たちを包み込む。
あなたはどんな部屋に住んでいますか?


王子小劇場にてお送りするマコンドープロデュース第一弾は、
部屋をテーマに、東京に住んでいる一人暮らしの女の子を、在りのままに描き出す。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

【出演】
和希沙也
岡田あがさ
亜矢乃
梅舟惟永(ろりえ)
神戸アキコ(ぬいぐるみハンター)
後藤剛範(国分寺大人倶楽部)
永島敬三
松永大輔
鹿野浩明
武本健嗣
金原直史
兼多利明

【劇場】
王子小劇場
(東京都北区王子1-14-4 地下1F)

【日程】
2011年4月2日[土]〜4月10日[日]
2(土)18:30☆
3(日)14:30/19:30
4(月)19:30◎
5(火)19:30◎
6(水)19:30◎
7(木)19:30◎
8(金)19:30
9(土)14:30/19:30
10(日)14:30/18:30
☆印はオープニングナイト(特別割引&終演後MOGMOS氏によるアフターライブ有り)
◎終演後アフターイベント有り

※上演時間は100分を予定しております。
※開場は開演の30分前です。

★交通機関のダイヤの乱れもございますので、なるべくお早めにご来場いただけましたら幸いです★

【チケット】
<全席自由・税込み>
前売り 2,800円
当日 3,000円

ペア割引 前売5,000円(予約のみ)
高校生以下 前売2,000円/当日2,200円

☆オープニングナイト割引 前売2,500円/当日2,800円

【ご予約】
URL(鹿野浩明専用):http://ticket.corich.jp/apply/26276/kno/


☆twitter&ブログも宜しくお願い致します!☆
twitter ID @Kanocching< http://twitter.com/Kanocching>
Blog<http://ameblo.jp/hiroakikano/>


【お問い合わせ】
オーストラ・マコンドー
mail:info@austra.tv
web:http://www.austra.tv

鹿野浩明


◆東北関東大震災の影響について
・4月2日(金)〜4月10日(日)に王子小劇場で上演予定の『東京の空に』公演につきましては、
予定通り上演させて頂く予定です。但し、状況により直前での変更や上演中に余震があった場合は
上演を一旦中断し、スタッフの誘導の元、近隣の避難場所へ避難して頂く場合もございます旨、
ご了承ください。

・当日の上演に関する情報は、以下WEB、twitterにてお知らせさせて頂きますので、
ご来場の際にご確認いただけましたら幸いです。
WEB:http://austra.tv/
twitter:http://twitter.com/austramacondo/TEL:03-3911-8142(劇場ロビー/公演期間中のみ)

・劇場による非常時対策や近隣避難場所については、下記のURLをご覧ください。
http://en-geki.blogspot.com/2011/03/316.html(王子小劇場ブログ)


余震つづく中、ご不安な方もいらっしゃるかと存じますが、豪華出演陣を迎えたマコンドーワールド、
ぜひお楽しみいただければ幸いです。

スタッフより


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月24日 14:31

落語に挑戦!!

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

3月11日に発生した地震が日常の至る所に影響を及ぼしている昨今ですが
「下ばかり向いていても仕方がない。
こういう非常時であっても舞台をつとめる表現者としての精神を学ぶ機会だと捉えよう」という
学部長のお言葉のもと、今回のセッションでは地震の影響で前回延期となっていた
落語の発表を行いました。


世田谷ものづくり学校としては休館日になっており、真っ暗な学校内。
その至る所で、授業の2時間以上前から来て練習に励むクルーの姿が見られました。

そして、いよいよ迎えた本番。
古典落語の演目を土台にしながらも、自分なりの表現やエピソードを盛り込み、
役者として落語を演じる。


20110320-1.jpg


オリジナリティあふれる各グループの発表には確かな練習量が感じられました。

当日聴講にお越し頂いた金田監督や木下ほうかさんらも真剣な眼差しで聞き入ってくださりました。


20110320-2.jpg


メンバーが思うように揃わず満足な練習が出来なかったり、
落語という難しい課題に、また初めてのグループワークに皆さん悪戦苦闘したようですが、
発表し終わった時の達成感や喜びはかなり大きかったはずです。

発表後には学部長より勝利チームへ賞品贈与もありました!


20110320-3.jpg


この日の授業の後半は武正晴監督に再度ご登壇頂きました。

与えられた課題は、映画「のど自慢」より抜粋されたワンシーン

ところが
まるで落語の発表に全力を使い果たしたかのようにトーンダウンしてしまったクルーの面々。

そんな姿に、すかさず武監督より
「ワンシーンで登場人物の関係性を表現する演技を」という新たな課題が追加されます。


20110320-4.jpg


自分の考えてきた演技プランの変更を余儀なくされ困惑しながらも
「台本に書いてあるセリフではなく、目の前の相手と勝負する」という高い要求に応えようと、
熱くなり果敢に挑戦する皆さん。


20110320-5.jpg


セッション終わりに武監督から発せられた感想は
「このレベルからやっと授業が始められる」という厳しいお言葉ではありましたが
本日、内容の濃い2本立てセッションから得たものは非常に多かったのではと思います。

今回のグループワークで培ったクルーの団結力。
そして、武監督にご教授頂いた相手の芝居を受けること。
それを頼りに、残り12回のセッションでも皆さんの奮闘を期待しています。


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2011年03月11日 11:00

世界のサンド&世界のワイン・カフェ

Report TOP > CREWからのお知らせ

農業ビジネスデザイン学部4期生の山口さんよりイベントのご案内です。


*******************************************************

スクーリング・パッドの皆さま

こんにちは。
農業ビジネスデザイン学部4期の山口八重です。


個性的な5つの国・地域にインスパイアされた
サンドイッチ・デリと珍しいワインを楽しむ一日カフェをOPENします!


日時:3月19日(土) 11:30-22:00
場所:自由が丘 カフェ・キアン(自由が丘駅から徒歩5分)
http://www.colabocafe.com/modules/tinyd3/index.php?id=27
*予約なしでお越しいただけます!


チュニジア、北欧、メキシコ、ベトナム、そして日本!

それぞれの個性を生かしたデリをおいしいパン、何より各国の珍しいワインと一緒に楽しみませんか?
(実はどの国も隠れたワインの名醸地でもあるんです。)

ランチからバーまでOPENしておりますので、ちいさな世界旅行気分でお気軽にお越しください。

より多くの皆さまにお会いできることを楽しみにしております!

山口 八重


110311.jpg


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月09日 10:53

『劣る人』

Report TOP > CREWからのお知らせ

映画俳優コース3期生のカトウシンスケさんより、ご自身が出演される舞台のご案内です。


elePHANTMoon #10『劣る人』

@サンモールスタジオ

2011.3/16(水)〜23(水)


人間はどこまで堕ちることができるのか?

邪悪になることができるのか?

世界は肉と脂と汗と悪臭に満ち満ちている。


【脚本・演出】

マキタカズオミ


【出演】

江ばら大介

安藤理樹(PLAT-formance)

カトウシンスケ

根津茂尚(あひるなんちゃら)

保田泰志

川嵜美栄子(空間ゼリー)

佐藤みゆき(こゆび侍)

重実百合

瀬戸山美咲(ミナモザ)

二階堂瞳子(バナナ学園純情乙女組)

※【出演者変更のお知らせ】

本公演に出演を予定しておりました芝博文さんが、
一身上の都合により降板する運びとなりました。
新しいキャストは近日劇団webサイトにて発表させていただきます。


【チケット】

前売:3000円/当日:3500円

平日昼割:2500円(前売・当日ともに)


【ご予約】

以下のURLより直接ご予約いただけます、わたくし、カトウシンスケまで直接ご連絡下さい。

http://ticket.corich.jp/apply/25125/006/

【会場】

サンモールスタジオ
(東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑駅」より徒歩5分)


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月08日 19:01

新たな試み

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

あらゆる分野でガラパゴス化が進んでいるといわれる日本。
それは映画においても同じことが言えるように思います。


しかしながら、こうした状況は海外に目を向ける必要性と同時に
あえて日本の独自性を深く掘り下げて再考する機会でもあるのではないだろうか?

そんな学部長の思いから、
今回のセッションは新たな試みとして
日本の伝統的大衆芸能である落語を題材にした講義を行いました。

今回の試みは2週続きのセッションで
まずは前段として落語家の方に実演をご披露頂き、
来週はクルーにその落語を発表して頂こうというものです。


20110306-1.jpg


ゲストにお越し頂いたのは三笑亭夢花さん。

長い時間をかけて受け継ぐ伝統の技の重み。
教室を一瞬にして落語の寄席会場に変えてしまうプロの技。


20110306-2.jpg


目の前でご披露頂いた古典の二席「宿屋の富」と「大工調べ」は
クルーの皆さんにとって、とても贅沢な時間だったのではないでしょうか。


落語をご披露頂いた後は、来週に向けて夢花さんへ質疑応答の時間。
手ぬぐいや扇子など小道具の使い方や落語における基本ルールを学びました。


20110306-3.jpg


「セリフを体に入れるためにはひたすら練習あるのみ。
失敗した時の逃げ道を数パターン考えておく程、名人は皆決まってすごく練習熱心。」

「一人でいくつものキャラクターを演じ分けるためには、目線が極めて重要。」
「落語は台本通りでなくてもアドリブが許される。その時の感情を大事にした方がいい。」
など夢花さんより数々の貴重な金言を頂きました。

演者として、脚本家として、そして演出家としても深く考える必要性がある落語の稽古。

落語と演劇。
一見、まったく違うもののようですが
落語には舞台上で演じる上での様々な要素が凝縮されており、共通点が多くあると感じました。


質疑応答の後は、2チームにチーム分けが行われました。
これまでの6回のセッションでは個々の戦いでしたが、
今回の課題はズバリ「チームワーク」です。


20110306-4.jpg


誰がうまいかではなく、チームとしてどちらの落語が面白いかが問われます。

はじめての共同作業に若干戸惑いながらも、
割り当てられた担当パートを必死に練習するクルーの皆さん。


20110306-5.jpg


今までのセッションとは違う課題に
演者として学ぶ意欲を持ち、正面から取り組むこと。
また、チームとしてのベストを目指すこと。
そのどちらからも得るものが大きい一週間になればと思います。


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2011年03月07日 11:58

「東京スカイツリー×東京ハヤシライス倶楽部」

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース

レストラン学部にゲストスピーカーとしてお越しいただいてる
石井宏治さん、長谷川勉さんのい志井グループの楠さんよりご案内が届きました。


平素はい志井グループに格別のご尽力を賜り心からお礼を申し上げます。
いつもお世話になります、楠でございます。

さて3月10日(木)から約2週間位の短い期間ですが、(株)サークルKサンクス関東1476店で

「東京スカイツリー×東京ハヤシライス倶楽部」のコラボ商品を発売する事となりました。

東京ハヤシライス倶楽部の黒ハヤシとハヤシにあうスパイシーなカレー、
スカイツリーをイメージした盛り付けのご飯が合わさったお弁当となります。

税込550円での販売となります。

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木の関東地区にて発売となります。

ご賞味頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

skyhayashi.jpg



Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > レストランビジネスデザインコース

▲TOP


2011年03月03日 12:44

「ニッポンチーズパーティ」

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部2期生でチーズ@ラボ主宰の佐野さんより
チーズ&ワインパーティのご案内が届きました。


cheese_party.jpg


レストラン2期の佐野加奈です。

チーズラボもおかげさまで5周年をむかえ、
同じくレストラン学部1期の山本&上吹越さん夫妻のニーヨンナナ食堂で
チーズ&ワインパーティを開催することになりました。

題して、「ニッポンチーズパーティ」

北海道から沖縄まで日本各地のおいしいチーズを20種以上、
もちろん日本ワインも10種以上、しっかりご用意します。

当日はニーヨンナナ食堂さんのサラダや特製天然酵母パンもありますよ。

おいしいチーズとワインとパンのある素敵な時間を愉快な仲間とすごしませんか。

ニッポンマリアージュをたのしみましょう!


「ニッポンチーズパーティ」
日時: 2011年3月13日(日) 13:00〜15:00
場所: ニーヨンナナ食堂(渋谷区渋谷2-8-11 http://2461kitchen.com )
定員: 30名
参加費: 5,000円
申込方法・お問合せ:
「名前」「SPクラス」「当日の連絡先(電話番号)」を明記のうえ
(info.cheeselabo〇gmail.com)までお申込みください。
※〇を@にかえてメールください。


チーズラボWEBもよろしくです!
http://www.cheese-labo.com
246+1食堂(ニーヨンナナ)
http://2461kitchen.com/wordpress/


オフィスチーズラボ
佐野加奈(R2期)


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月02日 18:47

「カイヅカ ー想いの貝塚ー」

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部2期生の篠原亜希さん、林登志也さんより
展覧会のご案内です。


======================================================

こんにちは。梅の花も咲き、春まもなくですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?


今回は2点お知らせがございます。


■2月25日(金)〜3月6日(日)青森県立美術館にて、
 we+のインスタレーション作品を展示しています。


キモチの断捨離!?
現代人のネガティブな想いを、コトバのカタチでアートに再生するプロジェクト
「カイヅカ ー想いの貝塚ー」


kaizuka.jpg


「カイヅカ ー想いの貝塚ー」とは? 


万物に「いのち」を感じていた縄文時代、
おそらく、ゴミという考え方はありませんでした。


「いのち」は土に埋められ、天に召され、
新しい「いのち」となって地上に帰ってくる。
人々は、そう考えていたのかもしれません。


そんな縄文の精神を、現代に蘇らせたい。


その想いからスタートした本プロジェクト。
現代人が捨てたいネガティブな想いを
言葉のカタチで積み重ね、アートとして再生させます。


※本作品はウェブ作品です。
「カイヅカ」ウェブサイトに入っていただければ、
どなたでもご自由に、想いを捨てていただくことができ、
その想いは、会期中、青森県立美術館にて「カイヅカ」として積み重なります。
お仕事に疲れたときに、ふと覗いていただけると幸いです。


「カイヅカ ー想いの貝塚ー」ウェブサイト
http://kzk.me

会場:青森県立美術館 コミュニティギャラリー
   "JOMO-T"展 in AOMORI 〜縄文Tシャツアート展〜との併催
   青森県青森市安田字近野185
会期:2011年2月25日(金)〜3月6日(日)
時間:11:00〜17:00


■環境白書から、ちょっとためになる話題を
 ピックアップしつぶやく「白書くん」をtwitterにて展開中。


Hakusho_kun_Logo_low.jpg


白書くんのtwitterアカウント
@hakusho_kun


環境省の準公式キャラクター?「白書くん」が
環境白書から、地球温暖化や水の問題、森林や生物多様性の話題など、
目からウロコのためになる情報をピックアップしつぶやいています。
けっこういいことつぶやきますよ。是非、フォローしてください。


運営:brainmen
   (brainmenとは、株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスとwe+のプロジェクトユニットです)
サポート:環境省


--------------------------------------------------------------------------------

上記に関するご質問や、we+へのお問い合せ・ご相談などございましたら、
当アドレスまで、お気軽にメールいただければと思います。
今後とも、何とぞよろしくお願いいたします。


======================================================


we+llp / ウィープラス有限責任事業組合
林登志也・安藤北斗・篠原亜希
Email : info@weplus.jpURL : http://weplus.jp


we+オンライン・ショッピングサイトwe+sell
 http://weplus-sell.jpあの日プロジェクト
 http://090909.jp


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2011年03月02日 18:41

続ける力

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

2月27日のゲスト講師は、俳優として映画監督としてご活躍中の榊英雄さんにお越し頂きました。


冒頭、李学部長より
間近に迫ったアカデミー賞についての話があり、例を挙げて俳優のスピーチに触れる場面も。
記憶に残る俳優になって欲しいとご挨拶を頂きました。


今回の課題は男性2人、女性1人のチームを組んでの三人劇。


20110227-1.jpg

20110227-2.jpg


モニターを意識した演出。
一人一人と向き合い、名前を呼びながら指導する榊監督。


20110227-3.jpg


「愛される俳優でなければキャスティングされない。
この人は面白いと思わせるべく、例えワンカットのシーンでも食らい付け。
ただ、目立とうと独り相撲をして、本線から外れるのはダメ。」

「視線の使い方が重要。自分のセリフがない時の顔やお芝居をしっかりして欲しい」

何度もやり直しを重ね、各々にとっての理想の演技を求めます。
厳しい言葉の中にも愛情を持って、それぞれが持つクセを指摘して下さりました。


20110227-4.jpg


また、「人の芝居を真剣に見て、本気で意見してあげることも大事」
と、他チームの演技へ感想を求めます。

他人の芝居から学び、負けるものかと切磋琢磨し合う。
観ることも、演じることも、本気でぶつかり合うクルーの姿は
スクーリング・パッドならではの濃い時間だったように思います。

榊監督が最後にエールを込めておっしゃった
「俳優として自分を常に高め、続けることが大事」という温かいお言葉が印象的でした。
榊さんのお言葉は多くのクルーの心に響いたのではないでしょうか。

毎回、第一線で活躍中の講師にお越し頂くスクーリング・パッド。
セッションまでの一週間、必死に準備をしておく大切さ。
その先にはきっとチャンスが待っているはずです。
何より、そうして過ごした時間はきっと皆さんの貴重な財産になると思います。


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


<<<February 2011Report TOPApril 2011>>>

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.