report

2010年09月28日 18:01

理不尽な世の中を生き抜く〜現実を受け止める力があるか〜

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

今回はキャスティングプロデューサーの増田さんに来ていただきました。


増田さん、優しいお顔つきとは違って言葉に棘がありますが

この人の話に嘘はありません。

この日も俳優の皆さんを取り巻く映画・TV業界の厳しい現状を

できるだけ包み隠さずそのままお話いただくようにお願いしました。


2010_0919_1.jpg


クルーからすれば不愉快な話があったかもしれませんが

私としてはできるだけ業界のリアルな実状を知っていただき、

そのうえで自分はどう生き抜いていくのか、卒業も迫ってきたので

一度考える機会をもってほしいと思いました。

一番最初のセッションでもお話しましたが、俳優の世界に限らず

社会で生きる以上、多かれ少なかれ「不平等」は存在します。

人それぞれ生まれた時期も環境も顔形も違う訳ですから当然ですよね。

ただその現実が頭ではわかっていてもなかなか受け入れられなかったりする。

真面目な人ほどそういった状況に陥りやすいのではないかと思います。

「差別」も「贔屓」も存在する。理不尽な評価がくだされることも多々ある訳です。


2010_0919_2.jpg


ただ増田さんもセッションで仰っていましたが、理不尽な現実を認識できている人と

認識できていない人ではとるべき行動が変わってくる。

目標地点への到達スピードも明らかに違ってくるでしょう。

過去のクルーたちを見てきた私はそう感じます。


2010_0919_3.jpg


残るはあと2回。

ここ数回で顔つきが変わってきたクルーもでききました。

最終審査で全てを出し切れるよう頑張ってほしいと思います。

(三谷)


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2010年09月28日 18:00

バードハウスコンテスト&ギャラリーウォーク2010

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部3期生で
「おたカフェ」を運営している高浜さんよりバードハウスコンテストのご案内です。


bird2.jpg

bird1.jpg


画像の文字が読みづらいかもしれませんので、下記をご参照ください。

また、詳細のパンフレットをご希望の場合は、おたカフェのほか
IID306の(株)カゲン前にも置いてありますのでお持ちください。


<要点>

■11月中旬締め切りで、バードハウスショウ(つまりコンテスト)をやります。

■バードハウスは、景観の観点、鳥を思いやる観点、デザインの観点、建築の観点、
 コミュニティ作り等、様々な視点で捉えることができます。だから面白いと思って取り組んでいます。

■素材も大きさもデザインも自由、是非、皆さんのオリジナルのバードハウスをつくって
 応募いただけないでしょうか?面白い作品をお待ちしています。

■審査員は、下記の3名をお呼びしています。
 (1)建築史及び建築家として世界的に有名な藤森照信先生(工学院大学)
 (2)グッドデザイン賞で長らく副委員長をやっていた森山明子先生(武蔵野美術大学)
 (3)元ノルインターナショナル代表、今は日本一のバードハウス研究家井筒明夫先生
 
 (1)建築の観点から(2)デザインの観点から(3)鳥に優しい観点から、
 賞を授与することを考えています。

■応募作品は全て、11月下旬〜12月上旬の紅葉時期に、
 国分寺の「おたカフェ」周辺の水が湧く森の中で「バードハウスギャラリーウォーク」にて
 野外展示いたします。

■基礎知識や導入編として学びたい場合は、パンフレットにある通り、
 10月、11月に講演会&製作体験もやるのでご参加ください。

是非、スクパのような、センスのある人たちに、バードハウスをつくっていただきたいです!!
よろしくお願いします。


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月28日 17:57

「自らが燃えなければ、何処にも光はない」

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

俳優コース第17回目のゲストは第1期から毎回ゲストに来て頂いている
金田敬監督にお越し頂きました!


2010_0912_1.jpg


課題はある作品の長台詞を完璧に暗記して披露するというもの。
それも1言1句間違えずに、というのが絶対条件です。
また、与えられたのは台詞のみなので、
キャラクターや設定は個人で考えてきて監督に披露する。

教室内はオーディションのような緊張感の中
次々と皆さん覚えた台詞と
作ってきたキャラクターや設定を披露していきました。


2010_0912_2.jpg


今回皆さん考えて色々作りこんできていて
観ている私はとても面白かったですが、
監督は時々「何がやりたかったのか良く分からない」
など厳しい指摘も。

また今日は日テレドラマ制作部の山本プロデューサーがクルーを観に来てくれました。
最近は「スクーリング・パッドの役者は演技力に定評」と
テレビのプロデューサーやディレクターが見学に来てくれるようになりました。大変有難いお話です。


2010_0912_3.jpg


セッションの最後、金田監督はクルー達に

「深海に生きる魚族のように 自らが燃えなければ 何処にも光はない」

という一文を紹介致しました。

まさにみなさんがこれから俳優としてどうあるべきかを
表した言葉だと思います。

さて来週は最終回に皆さんにやっていただく課題やチームの発表になります。
この課題で最優秀チームと男女各1名ずつMVPを選出します。
また毎回最終回には様々な方にお越し頂き皆さんの演技を見て審査頂いています。
稽古する猶予は2週間しかありませんが、
皆さんこの学校で学んだ集大成を披露して下さい!

(岩田)


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2010年09月24日 13:35

「心奪(Shinbaï)-魂の略奪、あるいは飛翔」

Report TOP > デザインコミュニケーション学部  > 桜の園

昨年秋、フランス パリで前衛芸術の祭典『フェスティバル・ドートンヌ』にてエマニュエル・ユイン(コンテンポラリーダンス:仏アンジェ国立現代舞踊センター芸術監督/振付家)と奥平清鳳(石草流)によるコラボレーション作品『Shinbaï, le vol de l'âme』が開催され、華道の花型法「立花(りっか)」をテーマに、舞台上で生け花と身体のムーヴメントを同時に展開されました。

2009年秋にアンジェ初演後、メゾンエルメス、ヴェルサイユ宮殿、パリ・フェスティバル・ドートンヌにて上演。その日本公演が今回青山スパイラルホールで開催されます。


「心奪(Shinbaï)-魂の略奪、あるいは飛翔」

日 時:・9/23(木・祝)24(金)25(土)19:00開場 19:30開演
    ・9/26(日)14:30開場 15:00開演
会 場 :青山スパイラルホール/3F
入場料:一般:4,000円/東京日仏学院会員割引:3,000円/学生:2,000円

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2010/09/-shinbai.html




Report TOP > デザインコミュニケーション学部  > 桜の園

▲TOP


2010年09月22日 16:51

芝居の距離感

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

俳優コース第16回目のゲストはスクーリング・パッド初登場!
「ストロベリーショートケイクス」「スイートリトルライズ」の矢崎仁司監督にお越し頂きました!


課題は「ストロベリーショートケイクス」「スイートリトルライズ」
それぞれ男女二人での1シーンずつ。


20100905_1.jpg


今期は二人芝居の課題を出される事が多いですね。
本日お越し頂いた矢崎監督が課題で一番重要視されていたのはお互いの距離感。
1シーンのみでお互いの間柄、心情をいかに観ている人に伝えれるかを観たいと仰っていました。


20100905_2.jpg

矢崎監督の作品の中では男女の繊細な間柄をとても丁寧に描かれています。
クルーの1つ1つのしぐさ・動作を滝本監督と一緒になって
実際の現場同様にじっくり演出されていたのがとても印象的でした。

セッションも16回目と終盤に差し掛かって、私の目からは
クルーの皆さんとても成長しているように感じていましたが、
矢崎監督はセッションの最後に
「全体的に自分の感情を表現することに集中して、
リアクションする余裕がない人が多かった。」 と、仰っていました。


20100905_3.jpg

確かに、与えられた一週間でキャラクターを作りこんできても、
実際演じる際には相手の芝居を受けながら演じなければいけません。
自分が今まで独りよがりの芝居になってないか?
今日までのセッションのDVDを何度も見て確認してみてください。


20100905_4.jpg

本日も長時間のセッション後に恒例になりつつある
滝本監督による居残りセッションが行われました!

皆さん、最終回が刻一刻と迫ってきています。
悔いのないように頑張っていきましょう!

(岩田)


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2010年09月22日 16:48

脚本家コース初の野外セッション!

Report TOP > 映画学部  > 映画脚本家コース

富士山・河口湖映画祭の脚本コンクールに向けた合宿を行いました!!


今回はクルーの皆さんと来年2月に開催される
富士山・河口湖映画祭の脚本コンクールに向けた
シナリオハンティングにいってきました。


20100912-1.JPG

朝9時に新宿集合で旅は始まりました。
前日は遅くまでお仕事のクルーも多かったのですが

皆さん気合十分で出発です。


20100912-2.JPG


バスで走ること3時間。

渋滞があって予定を少しオーバーしましたが無事到着。

河口湖駅の向こうには富士山が見えます。


20100912-3.JPG


青い空に青い海!

素晴らしい河口湖の景色に渋滞の疲れも吹っ飛びました。


20100912-4.jpg


まずは腹ごしらえということで駅前の食堂に直行!

山梨名物のほうとうを食べて・・・美味しいけどめちゃくちゃ熱い。


20100912-5.JPG


お昼を食べたら早速ロケハンへ!電動式のレンタル自転車で

河口湖を1周してきたクルーもいましたよ。

ロープウェイから見下ろす河口湖も絶景です。


20100912-6.JPG


船の上で遠くを見つめるクルーの村越君。
何かいいアイデアでも浮かんだのでしょうか?

右の写真はかちかち山で有名な天王山での1ショット。


20100912-7.JPG


夕方はバンガローに戻って大前先生によるセッション。

10月末締め切りに向けて気合も入ります。


20100912-8.JPG


夜はコテージの庭でバーベキュー。
都会の喧騒からは想像もできない静かな湖のほとりで
考案中の企画やそれぞれの悩みを皆で共有。
普段のIIDの教室では味わえない充実した時間は
深夜まで続きました・・・。


20100912-9.JPG


翌日は朝ごはんを食べた後、近くの公園で記念撮影。
コンクールは1次予選を通過すれば来年の2月の映画祭で
グランプリが発表されます。頑張りますよ!
>>関連ブログ http://mitanikazuo.blog24.fc2.com/blog-entry-144.html

以上レポートでした。

スクーリング・パッドでの学びは卒業しても生涯続くのが特徴です。
脚本家コースはまだまだできたばかりのコースなので
今後は卒業生の皆さんとも意見交換してすばらしい

シナリオネットワークを築いていきたいと思います。

他のスクールには負けませんよ!

(三谷)


Report TOP > 映画学部  > 映画脚本家コース

▲TOP


2010年09月14日 16:15

「安全」なら「安心」?「安心」なら「安全」?

Report TOP > 農業ビジネス学部

本日のゲストスピーカーには、「食のコミュニケーション円卓会議」代表、
消費生活コンサルタントの市川まりこさんをお迎えしました。


20100901-1.jpg


【安心と安全は違う】

みなさんは、「安全」なら「安心」ですか?
それとも、「安心」なら「安全」ですか?

どこを見ても「安全・安心」のコピーで溢れかえっているにも関わらず、
それぞれの意味を正しく切り分けて考えたことはあるだろうか?

「安全」と「安心」を正しく切り分けると、

 ・安全とは「科学的な評価ができる、客観的に示すことができる。理性を掌る脳が関与する」
 ・安心とは「心理的、主観的なものであり、曖昧なもの。感情を掌る脳が関与する」

「リスク」という言葉はどうだろう。

 ・リスク=ハザード(危険な結果の重さ)×出会う確率・量

となる。

いずれの単語も説明をきくとすんなり納得できる。
とはいえ、普段から正確に把握しているかと言えばそうともいえない。


【BSEの本当の「リスク」】

例えば狂牛病で知られるBSE。なんとなく「リスク」がとっても高そう。

前述の式で表現すると「リスク=病気の悲惨さ×かかりやすさ」で
表すが、人にとってどのくらいリスクが高いものなのだろう?


20100901-2.jpg


統計データで見ると、これまでの感染患者は世界で220人、
うち日本では1人(但し、日本の1人は同じ期間に24日間英国に滞在)
(参照:VARIANT CREUTZFELDT-JAKOB DISEASE CURRENT DATA (JUNE 2010)

実は、日本国内で感染するという「リスク」は「千年に一人でるか出ないか」と言われているという。

このように見てみると恐しいことに違いはないけど、「リスクが高いか?」といえばそうともいえない。

日本では世界で唯一全頭検査を実施してきているが、
全頭検査をしても全ての感染牛を発見できるわけではない。
それにも関わらず、これまで多額の税金が投じられてきた。

市川さんは言います、
「最初は厳しい対策が必要。
でも情報量が増えてリスクが小さいことがわかったなら緩和策も検討しましょう。
"安全のためにはお金を惜しむべきではない"という考え方も確かにありますが、
限られたお金を他のリスクの低減に有効活用することも考えるべきではないでしょうか?」

"安全のためにはお金を惜しむべきではない"という感覚は、私たちの中に確かに存在する。
しかし、他のリスクと比較した場合、本当に正しい選択なのだろうか?
ごく小さなリスクを気にして無駄なお金を使うことによって、
もっと大きなリスクから安全を守るために本当に重要な対策がおろそかになることはないだろうか?

「なんとなく不安」から生まれる国民・消費者の圧力は、
行政が方針転換できない大きな理由の1つであると、市川さんは訴えます。


20100901-3.jpg

【不安を解消したい!】

市川さんが「食のリスク分析」という分野に進むことになったきっかけは、
育児に不慣れな新米の母親になった頃。
当時は一消費者として、食品に対する「なんとなくの不安情報」に振り回されていたという。

 ・無添加食品があるのは添加物が体に悪いから?
 ・複数の化学物質による複合影響って?

こうした不安が人を消耗させると気づいてから「なんとなくの不安を解消しよう」と、
まずは自ら学ぶことから始めた。

その後、公的機関の公募で委員となったことを皮切りに、各分野の専門家との人脈が広がる。
2006年、当時お茶水女子大学で開催されていた社会人講座の受講生仲間や講師に呼びかけて
食のコミュニケーション円卓会議」を立ち上げ、以来代表を務める。
様々な立場のメンバーがお互いに学び合うという気持ちで集い学習会や意見交換会、
公開講座等を行っている。


20100901-4.jpg

【無農薬野菜は「安全」ではなく「安心」】

ほとんどの食品に入っているといわれる「添加物」。
現代の日本人は1日平均10g、年間算すると4kgの「添加物」を食べている。
これだけ聞くと確かに多いが、実は10gのうち化学合成のものは0.09g。
残りのほとんどが身体の中にあったり、普通の食品に含まれているものと同じ成分である。

無農薬野菜は本当に安全か?
著名な学者の調査によると
「すべての野菜、果物は天然の農薬成分(化学物質)を含み、
そのうち52種類を調べたところ、27種類に発ガン性があり、
しかもその27種類はほとんどの食品に含まれていた」ということだった。

「無農薬野菜を否定するわけではありません。
ただ、無農薬野菜は食べる人の実際の「安全」に役立つものではなく、
御守りや御礼のような、気持の上での「安心」のためのものと思っている」と語る市川さん。


こんな結果も紹介してくれた。

財団法人日本消費者協会が実施する「消費者力検定試験」の2009年の問題で、
「残留農薬等に関するポジティブリスト制度の説明」の正答率はたったの7.1%。
元々、消費者団体が政府に要望して実現した制度だったが、
多くの消費者にその意図するところが浸透していない。


【今どきの食の安全を考えるヒント】

ちょっと調べて正しい情報を持てば、取り除かれるかもしれない「なんとなく不安」も
積み重ってくると全てを否定し、結果として食品提供者側に無用な負担を強いることがある。

BSEの全頭検査のように、本当の「安全」には結びつかない方策が、
国民の理解を得られないから止めるわけにはいかないとう理由で
いつまでも実施され続け、無駄な税金投入が続けられることで、
その分、本当の「安全」のために必要な予算が削られることになる。

このように、「なんとなく不安」から生まれる国民・消費者の圧力が、
結果として国民自身の首をしめてしまうこともある。


みんながみんな、市川さんのように研究して掘り下げていくことは難しくても、
「なんとなく不安」の要素をちょっと調べてみることで、払拭される不安が意外に多いかもしれない。

「生産者の顔がわかる」野菜が注目を浴びはじめ、顔を見ることで安心感が増したように、
添加物や農薬についてもその役目や安全性の基準など安全の仕組みを知ることで、
添加物や農薬への過剰な不安を抱えるストレスからのがれて、
安心できる食生活に近づいていけるのかもしれない。


20100901-5.jpg

20100901-6.jpg

【伝えて欲しいこと】

最後に、市川さんからこんなメッセージをもらった。

「私は有機野菜を否定はしない。ただ、農薬を使わないから安全です、というのは違うと思っている。
普通に売られている野菜と、割高な有機野菜の安全面での差はないので、
安全を手に入れるためなら、家計のやりくりをして、無理して有機野菜を求める必用はないと考える。
生産者が心を込めて有機野菜を作った気持ちを伝えるなら、『農薬を使わないから安全ですよ』では
なく、『手間隙尽くしたから、美味しいですよ』と伝えて欲しいと思っている」

科学的なアプローチを重視する市川さんが、
本当に訴えたいことはこのメッセージにこめられていると感じた。


20100901-7.jpg


Report TOP > 農業ビジネス学部

▲TOP


2010年09月09日 17:34

大好評!俳優と脚本家の連携企画!

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

本日は映画学部始まって以来初の脚本家コースと俳優コースのコラボレーション企画を実施しました。


企画の概要はシンプルで脚本家コースのクルーが創ったオリジナル脚本の一部を
俳優コースのクルーに演じてもらいましょうということです。

まずは午前中の脚本家コースのセッションで
両コースレギュラー講師(吉田監督・大前先生)による最終シナリオ審査。


20100829_1.png


審査後すぐに俳優コースのセッションで選ばれたシナリオを役者に渡して、
実際に動きながらの演出指導。


20100829_2.png


これはとても新鮮でしたよ。
自分が書いたばかりの本を目の前で俳優が演じてくれますので
「俳優が言いにくい台詞」だったり、
場面にそぐわない表現を目で見て気づくことができる訳です。


20100829_3.jpg

写真は俳優コースを聴講している大前先生と脚本家コースのクルーたち。
脚本を勉強される方にとってこの企画はとてもよいので
今後も継続してやっていこうと思います。

さて俳優コースのゲストはスクパでお馴染みの武監督です。
監督は過去5期分のクルーのプロフィールは全て頭にインプットされているという
井筒組を統率する恐ろしい方です。


20100829_4.jpg

難易度の高い課題をクルーがこなせるか不安でしたが・・・。
そんな心配は余計でした。
武監督も感心されていましたが、全体的にお芝居が成立するようになってきたように感じます。


20100829_5.png

あと残り5回でどこまで洗練させることができるか?
今週からスクパらしく評点制度もスタートしましたので(ブログ参照
クルーの皆さんには是非頑張っていただきたいものです。

(三谷)


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2010年09月09日 17:32

『ちょちょぎれ』

Report TOP > CREWからのお知らせ

俳優コース3期生の片山享さんより、ご自身が主演された映画のご案内です。


映画タイトル『ちょちょぎれ』

期間:9月11日〜9月17日まで 21時15分より連日レイトロードショー
劇場:「シアターTSUTAYA」 http://www.theater-tsutaya.jp/index.php

片山享 玲奈 齋藤ヤスカ 乙黒えり 福下恵美 永井浩介 広澤草/古川りか

監督・脚本:佐々木友紀
撮影:早坂伸(J.S.C.) 照明:福長弘章 録音:菊地進平 音楽:水野敏宏
ヘアメイク:西山香里 プロデューサー:佐々木友紀、早坂伸
撮影協力:キアロスクーロ撮影事務所 
製作:1+2FILM 
配給・宣伝:トレジャーエンターテイメント
ゥ2010 1+2FILM

2010年/日本/カラー/ステレオ/ヴィスタ/HD/82 分

NEW YORK CITY INTERNATIONAL FILM FESTIVAL コンペ部門正式出品

<イントロダクション>

監督・脚本にはこれが初長編となる佐々木友紀。カメラの動きを一切排した
シンプルかつストイックな演出で深く静かに眼差し、純度の高い人物像を創りあげている。
主演の津野田守役に『ラストゲーム最期の早慶戦』『SHORT HOPE』の片山享。
津野田に好意を寄せる高坂きよみ役にモデル出身の玲奈。
友人・桂一役に『轟轟戦隊ボウケンジャー』『愛の言霊』の齋藤ヤスカ。
桂一の恋人で言葉を発することができない香役に『お姉チャンバラ』
『吸血少女対少女フランケン』の乙黒えり。
津野田が一方的に好意を寄せる雨宮役にはドラマ中心に活躍する古川りか。
その他に、福下恵美、永井浩介、広澤草など若手実力派俳優が一堂に会している。

<ストーリー>

嫌われたくないから津野田は握手をする。
直に触れ合うことでしか人との距離をはかることができない。
英雄のように結婚の予定もなければ、桂一のように恋人もいない。
訪問先の女性が気になったりするがどうすることもできない。
電気工事をし、運転し、おむすびを頬張る日々。
ある日、高坂という女性と出会い、彼女のアプローチにより惹かれ合うが
「この人が本当に自分に必要な人なのだろうか」自信がもてない。
かつての恋人と再会し家に帰らなくなった英雄、
周囲には無為と思われても自分たちの時の過ごし方を崩さない桂一と香のカップル、
彼らの姿を傍目に津野田はある決意をする。


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月09日 17:02

「今、分煙対策があなたのお店の顧客満足を変える!」

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部

中村悌二レストランビジネスデザイン学部長と、
レストランビジネスコース第11期にも登場予定の(株)力の源カンパニーの河原成美さんが、
福岡で開催される(株)オータパブリケイションズ主催の無料セミナーで講演いたします。


以下、(株)オータパブリケイションズさんからのご案内です。


「今、分煙対策があなたのお店の顧客満足を変える!」

今回で3回目を迎える「外食産業分煙対策勉強会」が福岡で9月30日に開催されます。

当日は、80店舗以上の繁盛店プロデュースに携わる株式会社カゲン 中村悌二氏に
飲食店における分煙の重要性についてご講演いただき、もはや全国区となった一風堂を運営する
株式会社力の源カンパニー 河原成美氏に自社におけるたばこ対策に加え、
業界トップを走り続けるための秘訣についてのお話をいただきます。


<開催日時>
9月30日(木)14:30〜17:00(受付開始14:00)

<会場>
WITH THE STYLE FUKUOKA
福岡県福岡市博多駅南1−9−18
TEL:092−433−3941

<定員>
50名(入場無料。ただし、「外食産業企業の経営・運営・現場に携わっている方」限定)
※定員になり次第、申込を締め切らせていただきます。

<主催>
外食産業分煙対策勉強会

<プログラム/講演者>
14:30 開催のご挨拶
      外食産業分煙対策勉強会 事務局 毛利 愼

14:33 株式会社カゲン 代表取締役社長 中村悌二氏
      テーマ:繁盛店のつくり方教えます

15:40 日本たばこ産業株式会社様
      テーマ:外食産業における分煙対策の重要性を考える

16:00 株式会社力の源カンパニー 代表取締役社長  河原成美氏
      テーマ:変わらないために変わり続ける
      ※セミナー内で自社のたばこ対策についても語っていただきます

17:00 終了

※当日のプログラムは変更になる可能性があります。

<お申込み・詳細>
下記のwebよりお申込みください。
http://www.ohtapub.co.jp/bunen/kyusyu/

<お問い合わせ>
外食産業分煙対策勉強会 事務局 
担当者:毛利/蔵野

東京都港区虎ノ門1−19−5 虎ノ門1丁目森ビル5F
株式会社オータパブリケイションズ
TEL:03−5251−9800


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部

▲TOP


2010年09月09日 16:58

現場にでれるチャンスを無駄にするな!

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

本日のセッションは滝本監督が参加された「ゆれる」「ディアドクター」の
西川美和監督によるドラマ制作現場での出来事についてのお話から始まりました。


まずはレギュラー講師である滝本監督からクルーの皆さんへ、
ゲストスピーカーがいらっしゃるまで少しお話がありました。


20100822_1.jpg

内容は「ゆれる」「ディアドクター」の西川美和監督による
ドラマ制作現場での出来事について。

滝本監督は助監督としてこの作品に参加されていて、
今回スクーリング・パッドの5期クルーを数人キャスティングしていただきました。(ブログ参照

しかし一部クルーの現場での不甲斐無い態度に少々お怒りの様子。
滝本監督は口は乱暴ですが、スクパの講師の中では最もハートの熱い監督。


20100822_2.jpg


クルーの皆さんが知識としてだけではなく、
実際の現場で通用するレベルに早く到達できるよう常に気にしてくれています。
「できる」と思った人ほどきつくあたる傾向がありますが
それは愛情の裏返しだと思いましょう。

さてさて本日は先週に引き続き渡辺孝好監督でしたが・・


20100822_3.jpg


何度も「面白くない」という厳しい指摘をいただきました。
監督の過去作品を見ていただければわかるのですが
コメディーを得意とされている方ですので芝居として成立していることは勿論のこと、
「見ていて面白いか」を徹底して追及されます。


20100822_4.jpg


毎週ゲストが目まぐるしく変わりますが、
現実の世界はそのリズムで仕事をこなしていかなければならない。
精神的にも体力的にもきついでしょうがここにきているクルーはそんなこと百も承知のはず。
ブレーキを踏まず飛ばしていきましょう。

(三谷)


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2010年09月03日 17:38

【とんこりのライブ】

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部10期生の森ルイさんが企画した、
アイヌ民族の弦楽器「トンコリ」ライブのご案内です。


tonkori_web1.jpgtonkori_web2.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デザイン学部10期の森ルイです。
私は以前、アイヌ民族の弦楽器「トンコリ」の演奏法を習う講座に通っていました。
この楽器の良さを多くの人に知ってもらいたいと思い、ライブを企画しました。
演奏者は私が教わっていた先生です。
ムックリ(竹製の口琴)のプレゼント付きで、ライブ中にムックリ講座もあります。
是非お越し下さいませ。

【日時】 9月12日(日) 開場14:30 開演15:00
【場所】 IID世田谷ものづくり学校 2階スタジオスクール
【料金】 3000円(小学生以下無料)
【予約】 メールにてお名前・電話番号をお知らせ下さい
     tonkoring@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月03日 16:46

ぐるなび戦略共有会議GON MEETING

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部8・9期生で
ぐるなびにお勤めの川路さんよりイベントのご案内です。


gnavi0903.jpg

いつもお世話になっております。
レストランビジネス 8期・9期クルーの
ぐるなび子こと川路良子といいます。


来たる2010年9月15日(水)に『品川プリンスホテル アネックスタワー 5F』にて、
ぐるなび戦略共有会議GON MEETINGを開催いたします。

詳細はこちら↓
http://daigaku.gnavi.co.jp/schedule/kouzalist.php?kcd=J&aid=00000001
※上記URLから直接お申込みが可能です。WEBからの申込みをぜひご利用下さい。
(これまで同様、FAXからの申込みも可能です)

「最大の山場=忘年会シーズン」を良い状態に迎えるため、
基調講演をはじめ、忘年会に向けた販売促進やメニューに
ついて対策を考える分科会のプログラムをご用意いたします。
お店に賑わいを呼び込むために!
経営者・店長・スタッフの方々をお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃当┃日┃の┃内┃容┃
┗━┻━┻━┻━┻━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10:00〜11:00/基調講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講演テーマ/『サービス業から感動共有業へ』
チカライシアンドカンパニー株式会社
代表取締役  力石 寛夫 氏

-------------------------------------------------------------------------------
早稲田大学卒業後、米国ポールスミス大学ホテル・レストラン経営学部へ留学。
同大卒業後、米国にてマネジメント・トレーニングを受ける。
帰国後の1972 年トーマスアンドチカライシ鰍設立し、ホテル・外食・レジャー企業に
対するコンサルティング活動をスタート。代表著書「ホスピタリティ〜サービスの原点〜」
(発売元:商業界) は、1997 年の初版から22 刷を重ねるロングセラーとなっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■11:30〜12:30/分科会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【分科会1】
講演テーマ/『忘年会販売促進セミナー』
ぐるなび大学
------------------------------------------------------------------------------
ぐるなびマーケティングデータからみる今年の忘年会の傾向と対策について。
新しくなった店舗ページの活用法とともに解説いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【分科会2】
講演テーマ/『忘年会メニュー対策セミナー』
ぐるなび大学
-------------------------------------------------------------------------------
お店を試される忘年会シーズン。忘年会メニューはどのようにお考えですか?
ぐるなびユーザーアンケートから考える魅力的な忘年会メニューとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12:45〜13:15/外販戦略セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講演テーマ/『テイクアウト・デリバリー・ネット通販でお店の売上をあげる!』
ぐるなび大学
--------------------------------------------------------------------------------
規模が増加傾向にある中食市場。お店の売上をあげられる
外販ビジネス(テイクアウト・デリバリー・ネット通販)の可能性と
成功の秘訣について解説いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■14:00〜15:00/基調講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講演テーマ/『成功店をつくるノウハウを教えます!』
株式会社ゴールデンマジック
代表取締役社長  山本 勇太 氏
-------------------------------------------------------------------------------
1978 年5 月、埼玉県川口市に生まれる。中央大学卒業後、公認会計士を目指すが
方向転換して、2004 年にダイヤモンドダイニング入社。
2009年5月、株式会社ダイヤモンドダイニングが、新たな成長モデルを
構築するため全額出資した子会社「株式会社ゴールデンマジック」の社長に就任。
“食で笑う!”を企業理念に掲げ、設立1年で20店舗を出店。居抜き物件に
特化した高収益業態の店舗展開で5 年間で100店舗100 億円を目指す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■15:30〜16:30/分科会(午前開催分と同じ内容になります)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【分科会1】
講演テーマ/『忘年会販売促進セミナー』
ぐるなび大学
--------------------------------------------------------------------------------
ぐるなびマーケティングデータからみる今年の忘年会の傾向と対策について。
新しくなった店舗ページの活用法とともに解説いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【分科会2】
講演テーマ/『忘年会メニュー対策セミナー』
ぐるなび大学
--------------------------------------------------------------------------------
お店を試される忘年会シーズン。忘年会メニューはどのようにお考えですか?
ぐるなびユーザーアンケートから考える魅力的な忘年会メニューとは?
―――――――――――――――――――――――――――――――――
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月03日 16:33

脚本家のバランス感覚

Report TOP > 映画学部  > 映画脚本家コース

脚本家コース第7回目のゲストスピーカーは、
「余命1カ月の花嫁」「黄泉がえり」の脚本家である
斉藤ひろしさんにお越し頂きました!


斉藤ひろしさんは映画にこだわり脚本を描き続けている
日本では数少ないシナリオライターのお一人です。

斉藤さんのセッションに入る前に、次回セッションでの
脚本家コース×俳優コースのコラボ企画の最終チェックを大前先生にして頂きました。


20100815k-1.jpg


コラボ企画というのは、脚本家コースのクルーが書いているシナリオを
俳優コースのセッションでクルーに演じてもらうという映画学部ならではの特別企画です!
しかし全員のシナリオをやってもらえるかというとそうではなく、
次回セッションで俳優コースレギュラー講師でもある吉田監督にお越し頂き、
その場でクルーのシナリオを読んでもらい、やれるかどうかの厳しいチェックをして頂きます。

選ばれるシナリオはおそらく1作品であることから、皆さん大前先生と一緒に
細かい所まで念入りに確認していましたね。


20100815k-2.jpg


誰の作品が選ばれるのか、今から非常に楽しみです!

休憩をはさんで、いよいよ斉藤ひろしさんからのご登場です!


20100815k-3.jpg

斉藤さんも以前お越し頂いた林民夫さん同様、
脚本家を志してから実際に映画デビューするまで約10年かかったと仰っていました。
しかし、それまの期間が決して無駄だったわけではなく、
シナリオを描き続ける事はもちろんですが、
その期間は様々な現場で色々なプロデューサーや監督と知り合うきっかけ作りだったと
今は想っていらっしゃるそうです。

脚本家は小説家と違い、一人原稿と向き合うだけの仕事ではありません。
監督・プロデューサー・出演俳優所属の事務所など、色々な立場からの意見を吸い上げ、
1つの作品にまとめ上げるバランス感覚が必要であると斉藤さんは仰いました。


20100815k-4.jpg


その他にも実際に描かれたシナリオ作品の裏側を
脚本家の目線でユーモアたっぷりにお話し頂きました。
クルーからの質疑応答も盛り上がり、セッション内では終わらず、
場所を変えて夕方までお話は尽きなかったそうです。

次回はいよいよ吉田監督によるコラボ企画用シナリオのチェックです!
はたして誰の作品が選ばれるのか!?

(岩田)


Report TOP > 映画学部  > 映画脚本家コース

▲TOP


2010年09月02日 14:22

「スペインチーズ」のワークショップ

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部2期生でチーズラボ主宰の佐野さんより、
チーズのワークショップのご案内です。


レストラン学部2期の佐野加奈です。
都立大学にある、家具のショールーム「のるすく」でワークショップ第4弾を開催します!


20100902-norsk.jpg


のるすくNORSK
http://www.norsk.jp/

今回は「スペインチーズ」。
有名なマンチェゴチーズをはじめ、スペイン各地にもおいしいチーズがいろいろあります。
日本ではまだ知名度がないのが残念ぐらい。
テイスティングをしながら、スペインのチーズとワインを学んでみませんか。
チーズにぴったりのスペインワインもご用意しますよ。

初心者むけの内容なので、お気軽にどうぞ。

【チーズのワークショップ in のるすく】
(テーマ)スペインチーズ
(日にち)2010年9月23日(祝)13:00〜15:00
(場所)のるすく(東京都目黒区中根2-1-15サウスサイド都立大1F)
(定員)8名
(費用)3,500円(チーズ/ワイン/パン付)
(申込方法)
のるすく店頭または、お電話<03-5731-8500>・e-mail<e-mail norsk@norsk.jp>にて申込をお願いします。

メールでお申し込みの場合
「お名前」「ご連絡先」「ご希望のWS名」「開催日時」「参加人数」「お支払い方法(店頭orお振込)」

*キャンセルされる場合には、開催の1週間前までにご連絡下さい。


☆twitterはじめました☆
http://twitter.com/kana_cheeselabo

チーズラボブログもよろしくお願いします
http://cheese-labo.cocolog-nifty.com/

オフィスチーズラボ 佐野加奈
info.cheeselabo@gmail.com
http://cheese-labo.cocolog-nifty.com/blog/


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月01日 14:40

『aosola青空空間』

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部3期生の山下悠一さんより
七里ケ浜のヨガサロンオープンのご案内です。


shichiri.jpg


3期の山下悠一です。一部の方ご無沙汰しています。多くの方はじめまして。

当時、黒崎さんと「Center of Centou」−銭湯をリノベーションして、
まちの“先頭”でありまちの“中心”となるような場をつくりたい、と
やってたのですがその思いは構想どまりでした。

スクパ卒業後、池尻から鎌倉の七里ヶ浜に移り住み、1軒屋を友人4人とシェア、ライフスタイルを模索。地元の自治会や商店会に入り込むみ3年。秋田で自給自足してるぶっ飛んだ大家さんに出会い、
彼の古い飲食店をリノベーションすることとあいなりました。
ここに新しいライフスタイル発信とクリエイティブなまちの拠点をスタートさせます。

その名は、aosola青空空間(http://www.aosola.jp)ヨガを中心に、
健康と美をテーマにしたレッスン、レクチャーを開催、ギャラリーも兼ねてます。
9月11日にオープニングパーティーがあります。黒崎さんも来てくれる予定!
はじめてのかたも、久々の方も、是非、鎌倉は七里ヶ浜発の気持ちいいPJにジョインください!!

9月11日(土)18時〜22時 青空空間オープニングパーティー@七里ヶ浜 
http://www.aosola.jp/access.htm

PS1 当日は、今回デザインを担当した建築家光嶋祐介のドローイングの展示もあります
http://www.ykas.jp/

PS2 また、当日は、七里が浜のお仲間、MuumuuHeaven(ムームーヘブン) さんの
一周年パーティーと同時開催です!!「世界にたった1つ」をコンセプトに、
ハワイの島々から見つけてきた古いビンテージのアロハシャツ、
ムームーなどをつかってドレスやアクセサリーを作られていて、めっちゃくちゃかわいいですよ!!
http://www.muumuuheaven.jp/

------------------------
aosola青空空間
http://www.aosola.jp

山下悠一
u1@aosola.jp
http://twitter.com/u1style
-----------------------


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2010年09月01日 14:35

『BOMB! 』

Report TOP > CREWからのお知らせ

俳優コース1期生の兼松若人さんより、ご自身が出演される舞台のご案内が届きました。


<スタンダードソングエンタテイメントPresents>
『BOMB! 』


BOMB_1.jpgBOMB_2.jpg


2010年9月! スタソン新作登場!
スタソン7年振り小劇場公演を決行!
腐った日本に爆弾を落とせ!!
俺たちがヒーローをつくる!
社会から弾き出された男たちが人生を賭けて
繰り広げるサスペンスエンタテイメント!!!

【上演台本・演出】宇治川まさなり 【脚本】毛利亘宏(少年社中)
【日時】2010年9月8日(水)〜19日(日)
【劇場】中野ザ・ポケット
【公演日時】9月8・9・10・13・14・15・16・17日 (平日)19:00~
           11・18日(土)14:00~ / 18:00~
           12・19日(日)14:00~
【出演者】佐伯太輔・笠原竜司・高島広芳・月ゴロー・幸村吉也 / あづみれいか・ちょーすけ・溝渕隆之介・水谷誠司・相沢祥吾・村山歩・高木寿和・新森大地 / 高橋優太・椎名鯛造・高見こころ・兼松若人・船瀬唯・西崎あや
【チケット】前売・当日共 4,800円、中学生未満 3,800円(全席指定・税込)

<詳細情報>
 (PC) http://www.standardsong.com/
 (MOBIL) http://www.standardsong.com/mobile/
【主催】株式会社スタンダードソング


この度、舞台『パッチギ!』のご縁でスタソンさんの本公演に出演させて頂くこととなりました。

とてもやり甲斐のある良い役を頂いております。

日々の稽古で手応え有り余るほどに感じてます!!

ホンマに気合入ってます!!めっちゃ熱いです!!ヤバイです!!面白いです!!


個人的見解ですが、
「熱くてメッセージ性の強い、スリリングでちょっとハードな社会派犯罪群像劇」と言った感じです。


後悔はさせません!ホンマに沢山の人に観て頂きたい作品です。

是非、ご家族ご友人お誘い合わせの上、ご来場ください。


もちろんチケットご希望の方は、兼松若人 までっ!!!

舞台に関する質問ももちろん♪気軽にメール下さいませ!!!m(_ _*)m

warcut@gmail.com


よろしくお願いします!!!m(_ _*)m

兼松 若人


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


<<<August 2010Report TOPOctober 2010>>>

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.