report

2009年12月09日 11:19

客観性をもち続ける!

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > 街マーケティングコース

街マーケティングコース第4回。
街に必要な機能とは何か?各班ともに分析が進んでいます!


「ターゲットを掘り下げる!」「客観性を持つ!」

グループ提案が盛り上がってきた第4回。
今回はグループワークのみで、作業中に入川が
各グループをまわってアドバイスしていく形式で行いました。

まずは各グループの作業状況をチェック。

「この街の特性は?」
「どんなお店が賑わっていた?そこにはどんな人が来ていた?」
「ターゲットはどんな人?」

街・店・人の特性やターゲットのスタイルが共有できていないグループでは、
当然ながらうまく相手(入川)に説明することができません。
そこから問題点を探り、現地で見落としていることは何か、
本当にそのターゲットにフォーカスすべきなのか、といった作業の方向性を見直していきます。


091119_01.jpg


4回目ともなると、グループメンバーも完全に打ち解け、
各人の個性やキャラクターがグループの個性にもなって顕れてきます。

作業が順調に進んだのかコンセプトキーワードのまとめを済ませ、
既に機能の議論が白熱しており、入川が入り込む隙もないグループがある一方、
せっかくターゲットをきちんと絞り込んでいるにもかかわらずアウトプットが弱いため、
追加補講をすることになったグループも(笑)。


今回の作業を通じて入川が強調したことは以下の2点。

「ターゲットのスタイルをもっともっと掘り下げて考えること」
「自分のやりたいことに固執せず、客観性を持つこと」

カフェのメニューや内装、サービスや付加機能を考える時、
どうしても「自分のやりたいこと」に意識が行ってしまいます。

ですが「その地域の日常生活に身に寄り添うカフェ」を考える時は、
そのこだわりを一度捨てて、「そこで生活している人が本当に必要としている機能は何か?」
ということを客観的に考えることが重要になります。

そのためには、まずターゲットとなる人々のライフスタイルを
きめ細かく掘り下げていくことが必要になります。

そうすることで、具体的な機能(メニュー、内装、サービスなど)を議論する時に、
「この人は本当にこの機能を必要としているか?」という手がかりが明確になり、
議論がぶれることがありません。

というと簡単なようですが、皆さんどうしても「日常業務の癖」や
自分の「想い」が出てしまうようで苦労していました。


…………………………………………………………………………………………………………
翌週は提案発表に向けた自主作業として各グループがIIDに集まりました。
今回も入川が各グループを回って方向性をアドバイス。

方向性は決まったものの直前まで現地調査に追われ
提案シートがまだ全然埋まっていないグループあり、
プレゼンに向けて作業の方向性と役割分担のみを直接確認しあって
早々に引き上げるグループあり。


091126_01.jpg091126_03.jpg091126_02.jpg

昨年行った第1期ではフィールドワークの内容をコンセプトに集約することをメインに進めましたが、
第2期となる今回は、そこから更に「機能」を検討するところまで踏み込んでいるため、
「全体の流れ」も非常に大切になってきます。
次週、どのような提案にまとまるのか楽しみです!

(高山)

…………………………………………………………………………………………………………..
4回目、自主作業と続き、各班ともに、順調に「分析」が進んでいる印象です。

分析が進むと、「機能面」の提案が自ずと出てくるところが、
この街マーケティングコースの醍醐味ではないでしょうか。

特に、「こんなレストランを出店したい」という立ち位置から、
「この街に必要なお店ってなに?」への転換は、
「業態ありきの飲食店開発からの逸脱」という
大きなテーマがこのコースにはあると思います。

受講生や入川さんの考え方から生まれる新たな提案は、
もしかすると飲食業界への「新たな一石」になるかもしれません。

(松田)



Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > 街マーケティングコース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.