report

2009年12月03日 17:18

花の原点をみる

Report TOP > デザインコミュニケーション学部  > 桜の園

『桜の園』二の学び『花』の2回目は、生け花の原点である“立て花”の実演です。


S090912-1.jpg


ひとつの表現には、生と死をあわせて考えているということを
生花と枯れた花をいけることで表現し、それぞれ立てていただきました。


S090912-2.jpg

剣山を使わずにこみ藁(こみわら)という藁を束ねたものに花を立ててゆきます。


S090912-3.jpg S090912-4.jpg


“供筒”にハスの花を立てます。
“供筒”とは、当時お経を入れて土に埋めていたもので、
自分の再生を願ってうめていたものだそうです。


S090912-5.jpg


奥平先生の立てる花を集中して見ているクルーたち。


S090912-6.jpg S090912-7.jpg


次は、生花を立ててゆきます。


S090912-8.jpg S090912-9.jpg


最後の一差しを、桜の園のクルーに託して完成しました。
当時そのままの霧吹きでお水をさします。


S090912-11.jpg S090912-12.jpg
 


華の歴史を学び、実際に花を立てるところを見て、
次回は花を立てる体験を行います。


Report TOP > デザインコミュニケーション学部  > 桜の園


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.