report

2009年11月13日 12:05

第2回は「現場=アークヒルズカフェ」で開催!

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > 街マーケティングコース

地域の日常生活に身近なカフェのつくり方を実践的に学ぶ「街マーケティングコース」。
第2回となる今回は、入川氏の総合プロデュースによる「アークヒルズカフェ」で行われた。


091028_01.jpg


アークヒルズは、日本で初めて民間による複合的な再開発事業が行われた「街」である。
講義では、「アークヒルズ全体をもっと楽しく、人が集まる場所にしよう」と考えた
プロジェクト立ち上げ時の企画を再整理して紹介。

これまでと同様、アークヒルズ内および周辺の「街の特性」「店の特性」そして「人の特性」を
きめ細かに実地調査して、そこからコンセプトと機能を導いていくプロセスが説明された。
特に着目したのは「近隣住人」。周辺には、国際的な感覚を持ち非常に見識の高い人達が
日常的に生活しているにもかかわらず、そのような人があまり街に出てきていないことが明らかに。
講義では、そのような人たちが街で日常生活を楽しむための仕組みや取り組みなども紹介された。


091028_02.jpg


また講義の中では、「コンセプト」と「ディテール」の関係についても言及。
「コンセプトを明確に定め、お店のディテールまでそれをきめ細かく反映することで筋が通り、
コンセプトとディテールの間にある様々な要素がぶれることがない」と。

参加したクルーも、実際のお店で講義を受けることで、街・店の現況やターゲットとなる人々と、
現在のお店の状況を「なるほど〜確かに。」と身近に感じながら聞き入っていた。


091028_03.jpg


講義の後は、いよいよ課題地のグループ分け。
今回の課題地は、豊洲、笹塚、駒沢、あと追加で芝と横浜・青葉台。
次回までに、「答えは全て現場にある」を実践すべく、
各エリアの「街・店・人」の特性をグループ毎にフィールドワークして持ち寄る。
怪しまれずに写真を撮影する方法までも伝授されていた(笑)。

最後に、実際のメニューを体験して終了。
次回、課題地ごとにどのような成果が出てくるか楽しみである。

(高山)

......................................................................................................................................................................................
街マーケティングコース2回目は、
入川さんのお店「アークヒルズカフェ」を直接見ることができ、
かつ現地でのワークショップとなりました。

「街・店・人」を徹底的に調べあげ作り上げられたCAFEには、
やはりマーケティング通りのお客様がきちんと来られていて、賑わっていました。

業態の力強さというよりも、街に必要な機能としての飲食店という視点、
「街マーケティング」の深さを実感しました。

さて次週以降は実際に課題地での調査とそれに基づくシート作りが行なわれます。

課題地は「京王線笹塚駅前」「駒沢公園近辺」「豊洲開発地」
「芝オフィス街」「青葉台(桜台公園近辺)」です。
(SP松田)


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > 街マーケティングコース


▲TOP

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.