report

2007年09月28日 11:41

プロフェッショナルコーススタート!

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > プロフェッショナルコース

今期で5期目になるレストランビジネスデザイン学部は
今期から「プロフェッショナルコース」を新設しました。

“プロ”と付くからには今まで以上にやる気に溢れたクルーの面々。

1期〜4期までの卒業生も一新したカリキュラムに
再入学された方も複数いらっしゃいます。

なんと今期は初めて女性がたった1人ですが、
初回から熱気いっぱいの場になりました。

他学部と比べるとレストラン学部の平均年齢は
いつも若干高めではありましたが、今回は過去最高の34.5歳。
今までは19歳から22歳くらいの方も沢山いらっしゃいましたが
今期は1番若い方で23歳、1番歳上の方は57歳。
開講時間も今期は夜間なので、まさに“大人の学校”です。

初回は中村学部長よりプロフェッショナルコースについての想いや
今後の方針等を熱く語っていただき、続いてクルー1人1人の自己紹介です。

現在抱えているプロジェクトや今後のお店の経営について等
みなさんのお話を聞くだけで、もういくつも新たなプロジェクトが始まりそうな予感。

来週から登場していただくゲスト・スピーカーのみなさんにも
今まで以上に鋭い質問や議論が展開されそうで楽しみです。

写真では伝えきれない熱気が教室中にみなぎり
急きょ行くことになったセッション後の懇親会も20人以上の方が参加されました。


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部  > プロフェッショナルコース

▲TOP


2007年09月28日 11:16

【チーズ@ラボ 1st anniversary party in ICHYS GALLERY】

Report TOP > CREWからのお知らせ

【チーズ@ラボ】でおなじみの
レストランビジネスデザイン学部2期生の佐野さんより
【チーズ@ラボ】開催1周年記念のパーティーのご案内が届きました。

会場はデザインコミュニケーション学部1期生の市川さんのギャラリー。
私(天池)も今から参加がとても楽しみです。

--------------------------------------------------------
こんにちわ、レストラン学部2期のさのかなです。

ワークショップ「チーズ@ラボ」もおかげさまで1年をこえ、
10回ちかく開催することができました。
お世話になったみなさんに感謝の気持ちをこめて、
ささやかなチーズパーティをひらきます。

フランスのMOFチーズをはじめ、スペシャルなチーズを空輸します!
もちろんシャンパンやワイン、ビールも♪

場所はデザイン1期の市川さんのギャラリーです。
お誘いあわせの上、ぜひいらしてくださいませ。

わたしのもうひとつの活動である田舎時間写真展も当日開催中。必見です!
http://www.inakajikan.com/

【チーズ@ラボ 1st anniversary party in ICHYS GALLERY】
(日にち)2007年10月13日(土)18:00〜20:00
(場所)ICHYSGALLERY
(定員)メールでご予約をお願いします
(費用)3,000円
(申込方法)
名前/クラス/連絡先(電話&メールアドレス)を下記まで↓
ksano@pf6.so-net.ne.jp

※ICHYS GALLERY
港区南青山2−11−4イチーズビル3F
http://homepage3.nifty.com/ichys/


お問合せは
佐野加奈(土レス2期)
ksano@pf6.so-net.ne.jp
http://cheese-labo.cocolog-nifty.com/
--------------------------------------------------------


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月27日 18:07

『Smoke Bar and Grill』オープニングスタッフ募集

Report TOP > 事務局からのお知らせ

デザインコミュニケーション学部長の会社である流石創造集団株式会社がプロデュースする飲食店舗が、
11月2日表参道GYRE(ジャイル)4Fにオープンします。
オランダのMVRDV建築の話題の商業ビルです。

店名は、Smoke Bar and Grill ( スモーク/バー&グリル / )

お食事とお酒を本格的に楽しめる煙文化を融合させたダイニングラウンジです。
季節の食材の旨味をSmoke(薫製)/Grillでシンプルに品良く引き出します。

この店のオープニングスタッフを募集いたします。

----------------------------------------

《募集内容》

ホール・キッチン 契約社員/マネージャー候補
給与: 面談の上、決定
ホール・キッチン アルバイト
給与: 時給900円〜 面談の上、決定
勤務時間: 10:00〜24:00内で時間・曜日応相談
休日休暇: 応相談 
交通費支給、昇給あり、食事付(無料)、制服貸与
勤務地: 渋谷区神宮前5−10−14F
応募方法:

*お名前
*フリガナ
*携帯電話番号
*メールアドレス
*住所
*職歴/簡単な自己PR、などを書いてメールでお送りください。
*スクーリング・パッド生の方は、学部と学期を記載してください。

おって折り返しご連絡させていただきます。

連絡先: 流石創造集団株式会社 http://www.flowstone.jp/ 
担当 諸橋/moro@flowstone.jp 黒埼/erika@flowstone.jp

----------------------------------------

ご応募お待ちしております!!


Report TOP > 事務局からのお知らせ

▲TOP


2007年09月27日 11:27

エングレペルス

Report TOP > CREWからのお知らせ

”自分の好きな本当に良い本を出版してゆきたい”という夢をもっていらした、デザイン学部1期生の小柳隆之さんが翻訳をされた絵本が、ついに出版されました。かけがえのない存在の死を経験した女の子が、元気を取り戻して行くまでの、心の動きを、ユーモアも散りばめながら、描いている絵本です。黒と白を生かした美しいイラストとともに描いています。是非読んでみてください。

ノルウエー大使館のHPに紹介されています。

http://www.norway.or.jp/news_events/2007/2007bk_cd.htm


図書 2007.9.
「エングレペルス」 イベン・サンデモーセ著、小柳隆之訳
ネット武蔵野版 ISBN978-4-944237-83-8
2007年09月 発行 ページ 32  サイ
ズ A4  1,365円(1,300円+税)

訳者解説:
「エングレペルス」(Englepels)は、1995年にノルウェーで出版された絵本です。イベン・サンデモーセ(Iben Sandemose)さんの作品の日本語版は初めてなので、まず簡単に彼女の紹介をします。イベンさんは1950年ノルウェー・オスロ生まれの画家・イラストレーターです。ルドルフ・シュタイナー学校で美術教師を勤めた後、1979年、アーティストとして活動を開始しました。その後、絵本作家としても才能を発揮し、本書をはじめとして、特徴のある線を生かした、個性あふれる絵本を作り続けています。なおデンマーク生まれの作家、アクセル・サンデモーセは彼女の父方のおじいさんです。

イベンさんは、数年来、死をテーマにした絵本を描きたいと思っていたものの、なかなか書けずにいたそうです。皮肉なことですが、彼女の筆を一気に進めさせたのは、身近に起こった、ある悲しい出来事・・・・・・。
それが愛する人であれ、ペットであれ、人は誰もかけがえのない存在との永遠の別れに、いつか直面しなければなりません。それは大変つらいことで、乗り越えるのは簡単ではありません。
ある日、突然、大切な友達が死んで、一人ぼっちになった女の子は、その友達に手紙を書きました。書くごとに女の子の気持ちは、少しずつ変わっていきます。エングレペルスは、かけがえのない存在の死を経験した女の子が、元気を取り戻して行くまでの、心の動きを、ユーモアも散りばめながら、黒と白を生かした美しいイラストとともに描いています。タイトルには原題をそのまま使いましたが、その意味は天使の毛皮(Angel Fur)です。
最後に、余談ですが、本書に登場するジャンボは実際にイベンさんのところにいて、21歳で大往生した猫がモデルです。その名前は、スワヒリ語の「こんにちは」で、ジャンボ・ジェットのジャンボではありません。名付け親はアフリカが大好きな、イベンのお母さん。そして、今も4代目ジャンボが、元気に暮らしているそうです。(小柳隆之)


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月26日 12:14

DesignTide in Tokyo 2007 タイドサポーター募集!

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部1期生で、
現在はデザインタイド実行委員会の越後さんから
『DesignTide in Tokyo 2007』のタイドサポーター募集の
ご案内をいただきました。

-------------------------------------------
DesignTide in Tokyo 2007
タイドサポーター募集!

デザインタイドでは今年もボランティアスタッフ、
”タイドサポーター”を募っています!

"デザインが好き"という 方、"イベントが好き"という方、
まずはご連絡お待ちして います!

世界中からデザイナーが集まる今年の秋、
このイベントをつくる為には様々な準備が必要です。
一緒にDesignTideをつくっていきませんか?

☆今回参加希望者が多くいらっしゃるため、
タイドサポーター参加説明会最終開催です!

参加要項
経験・年齢不問、デザイン、イベント、コミニュケーションが大好きな方
パソコンソフト(Word、Excelなどの)基本操作ができる方

タイドサポーター参加説明会
10月10日(水曜日)
PM19:00〜20:30

会場:デザインタイド実行委員会
住所:東京都渋谷区神宮前1-1-3 1F
最寄り駅:原宿/明治神宮前
(千駄ヶ谷小学校交差点を原宿の方に明治通り沿いに
坂を下って30m程です)
TEL:03-5770-4127

参加ご希望の方は、「住所、氏名、年齢、電話番号」を
下記アドレスまでご連絡下さい。

お問い合わせ
vt@designtide.jp 担当:西村
皆さんのご参加をお待ちしています!


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月19日 19:43

『想音/the world's noise』

Report TOP > CREWからのお知らせ

俳優コース1期生の吉元哲郎さんより、
ご本人が出演される舞台(しかも主役!)の
ご案内が届きました。

****************************************
、、ぼっち
hare plan Vol.3 『想音/the world's noise』
作・演出 カトウシンスケ

2007.10.11(Thu.)ー10.14(Sun.)
@麻布die pratze

チケット
前売り 2300円
当日 2800円(全席自由・日時指定)

タイムテーブル
10.11(Thu)19:30
10.12(Fri)19:30
10.13(Sat)14:00/19:00
10.14(Sun)13:00/18:00

Cast

寺田大輔・青木岳美・久保田淑美・小林和也・佐野あき・
鈴木啓文(SPACENOID)・高橋悠(ファンカスキャンパーズ009)・
テツ吉元(ラ・ブラドールズ)・外立亘・古畑正文(ロックンロール・クラシック)・
本間 裕・八重柏泰士(一劇'07)・カトウシンスケ

Staff

舞台監督:坂亨宣(ソマリ工房) 舞台美術:坂亨宣(ソマリ工房)
照明:山浦 恵美 音響:佐藤こうじ(SugarSound) 衣装:平雅行、高部勝也
劇中小説:ハヤシアツシ 宣伝美術:ずっく 当日運営:伊藤賢史
Web制作:なかじまおさむ 制作:Botch’s Agitpunkt 企画・製作:、、ぼっち

、、ぼっちが贈ります。hare plan Vol.3 『想音/the world's noise』
〜ローセキで描いたソレは簡単に消えた。
ローセキで描かれたソレは、セカイ、そのもの、雨に流されて消えた。〜

消えてしまう前に是非、ご来場下さい。
****************************************

ちなみに今回は、吉元さんが代表の二人芝居ユニット、
【ラ・ブラドールズ】で使っている芸名、「テツ吉元」で出演されています。

みなさん、お時間ありましたらぜひどうぞ!


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月18日 18:20

レストランファンドのお店

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部の2期生で、
卒業後にこれまでの経験を活かして
レストランファンドという仕組みをつくり、
株式会社ウィンキューブを立ち上げた鈴木潤さん。

そのレストランファンドを使った第一号店
「OLD VINE」が9月1日に西麻布にオープンしました!


-----------------------------------------
こんにちは!鈴木潤です。

「株式会社ウィンキューブ」、「西麻布 Bar ZAZZLE」では、
日頃より大変お世話になっております。

じつは、私、鈴木潤が西麻布で新たにレストランをオープンしましたので、
今日はそのご案内をさせていただきます。
最後までお読みいただけるととても嬉しいです。

9月1日より、西麻布で「OLD VINE」というワインのレストランをオープンしました。

「OLD VINE」
〒106−0031
港区西麻布1−10−6 NISHIAZABU 1106 BLDG. 1F
予約: 03−5771−2439 もしくは 0120−523−125
営業時間: Lunch 11:30−14:00 Dinner 19:00−04:30
定休日: 日曜日 
席数: 58席

※最近掲載された紹介記事

「気軽に、でも贅沢に、ワインを楽しむためのレストラン」

というコンセプトで、オセアニアワインのテイスターとして
日本の第一人者である木下二郎氏と共同経営で始めたレストランです。

2000本貯蔵できる大きなワインセラーを店の中心に配し、
木下二郎セレクションのいわゆる”Third World ワイン”を世界中から集めました。
オーストラリアワインとニュージーランドワインを中心に、
米国ワシントン州、カリフォルニア州、スペイン、チリなどから集めた
最高に美味しくて、しかもコストパフォーマンスに優れたワインが
「OLD VINE」の最大の特徴です。

そのワインセラーを中心に、ひとつの店内で左右に分かれて
2つの異なるレストランを創りました。

ひとつは、フレンチ鉄板レストラン「OLD VINE」。

米沢牛のなかでも東京ではここ「OLD VINE」でしか
食べることが出来ない幻のブランド牛「黄木牛」や、
三浦半島や山梨の契約農家から直接仕入れる毎朝4時に
”朝採り”された新鮮有機野菜、世界中の海から
その季節の旬で仕入れる新鮮な魚貝類、などの
最高の素材を使いフレンチ鉄板料理一筋12年の
ベテラン埜瀬(のせ)料理長が腕をふるいます。

メニューは、その日に仕入れた素材のなかから
アラカルトでお料理をチョイスしていただくのも楽しいですし、
前菜・肉料理・魚料理からそれぞれお料理を選べる
プリフィックススタイルのコース(6000円〜)を楽しんでいただくこともできます。

ワインは、素材や料理に合わせて常時16種類以上のワインを
グラスでお楽しみいただけるほか、2000本貯蔵のワインセラーから
木下二郎がその日の料理にあった最高の1本をセレクトさせていただくこともできます。

最高の素材を使った料理を最高のワインとともに
「気軽に、贅沢に、」楽しんでいただく空間、
それがフレンチ鉄板「OLD VINE」です。

ふたつめのレストランは、ワインバー「OLD VINE - Cellar Door」

こちらは「気軽にワインと料理を楽しむ・・」ことを更に追求した空間です。
「Cellar Door」とはワイナリーへの来訪者に畑のワインを楽しんでもらうために
ワイナリーオーナーが作るおもてなし空間のこと。
ここはまさにそんな感覚でワインを楽しむ場所です。

そんな空間を演出するために、「エノマティック」という
イタリア製のめずらしい機械を導入しました。

この機械はワインボトルに自動的に窒素ガスを充填することで、
常に抜栓直後と変わらない新鮮な状態でグラスワインを楽しめるというもの。
しかも、30cc、60cc、フルグラスとボタン操作ひとつで
ワインの量がチョイスできるという優れもの!

16種類のワインボトルが常時セットしてあって、
事前に課金してご購入いただくエノマティックカードを
機械に差し込むだけで全種類のワインを簡単に楽しめます。
30ccづついろんなワインをテイスティングしてみて、
自分の好みのワインを探すのもとても楽しい時間だと思いますよ。

メニューは、ワインに合う軽めのバーメニューをアラカルトでご用意しているほか、
となりのフレンチ鉄板からその日の素材の料理を選んでいただくことも可能です。

「ちょっと気軽に友人や仲間とワインを楽しもう・・」というときに、
「Cellar Door」は最高の空間です。ホントに気軽にいらしてください。

「OLD VINE」と「Cellar Door」、ひとつのレストランに2つの異なる空間。
まさに「ワインを楽しむため・・」に創られたレストランです。

是非一度ご来店下さい!
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月14日 19:28

講談社「KING」で俳優コース連載スタート!

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

8月に第1期がスタートしました
「映画学部 俳優コース」
そのセッションの様子が講談社の月刊誌「KING」にて連載されます!

-----------------------------------------
講談社「KING」誌では、スポーツライターの金子達仁さんによる
俳優コースの密着連載がスタートします。

企画名は
「映画俳優ほど素敵なビジネスはない」

映画の成否の決め手は俳優である。
「いい映画を作るためにはいい俳優を育てなければ」
李学部長指導のもと、“俳優”を目指す若者たちが
“スクーリングパッド”を通して友情を深めつつ、
競争する光景を追いかけます。

彼らの中から、スターは生まれるのか?

記念すべき第1回目(10月号)は現在全国書店で発売中。
第1期終了まで毎号掲載されますので是非チェックしてみてください!


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2007年09月14日 15:17

俳優コース 第4回目

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

第4回目のゲストは「ゲロッパ!」「パッチギ!」
でおなじみの井筒和幸監督でした。


8月26日(日)第4回目

本日第4回目の授業。

「映画俳優は声を分析しなさい」

李学部長、開口一番のコメントは意外だった。

容姿端麗、スタイル抜群の人は世界中探せばいくらでも見つかるが、
声の素晴らしい人はなかなかいないという。

学部長が映画人として尊敬やまないイギリスの映画監督、
ケン・ローチ氏は今迄数々の無名俳優を発掘し、
素晴らしい映画を今もなお作り続けている人。

そんな彼はオーディションで俳優を見抜く重要なポイントとして
「記憶に残る声」と、やはり視覚ではなく聴覚を重要視するコメントを残している。

ルドルフ・バレンチノ、ジャン・ギャバン、ジャン=ポール・ベルモンド、
ハン・ソッキュ、ソン・ガンホ、チェ・ミンシク、西田敏行・・
俳優を目指す皆さん、各国を代表する俳優の声を是非研究してみよう!

さて、本日のゲストは「ゲロッパ!」「パッチギ!」でおなじみの井筒監督だ。

実は前夜にBARを貸し切って行われた生徒達との懇親会にご参加いただき、
いろいろな話を深夜遅くまで熱く語っていただいた。

TVでいつも何かに怒っている印象の強い監督だが、
若者と接するのが他の誰よりも好きな情熱的で心優しい方なのだ。

この日も生徒一人一人の良いところ、悪いところを見つけては
丁寧にご指導いただいた。

監督の言葉で特に印象的だったのは
「感情の記憶を忘れてはいけない」ということ。

オレンジジュースを缶ビールのように飲む場合、
過去に飲んだ缶ビールの記憶をその瞬間に蘇らせないと
俳優はいい演技ができないという。

だから常日頃から自分が無意識に感じること、
行動することをよく覚えておきなさいと。
「あっ」と気付かれた方も多いだろう。

「俳優は、人に非ず、人に憂う」
・・・井筒監督曰く、俳優は並の人であっては困るという意味。

俳優コースには素晴らしい才能・情熱を持った人が集まっているが、
並の努力では生き残れない。

勝負はまだまだこれから。
使えるものは余すことなく使いきりこの夏を乗り越えていこう!


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2007年09月13日 12:08

こどもごころ製作所「クラヤミ食堂」開店!

Report TOP > CREWからのお知らせ

デザインコミュニケーション学部/レストランビジネス学部4期生
農業ビジネスデザイン学部1期生に参加していただいた
博報堂のこどもごころ製作所の皆さんより
「クラヤミ食堂」のイベントのお知らせです。
みなさん、是非ご参加ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++;

日本に「こどもごころを広めよう!」と立ち上がった博報堂のこどもごころ製作所。
疲弊した大人たちにぜひ「こどもごころ」という心持ちを持ってもらって
世の中が少しでも明るく、豊かで、楽しいものになれば!と思い活動しています。

そんな私たちのWEBサイトがついにOPEN!
http://www.kodomogokoro.jp

さらに同時に、「こどもごころ」を体感できるイベントも開催することになりました。

その名も「クラヤミ食堂」
http://kodomogokoro.jp/#/workshop/kurayami/

「暗闇の中での飲食、イベント」という
普段体感できない経験がデザインされた空間です。

皆様、お誘いあわせの上、ぜひともお越しください!

*******************************

クラヤミ食堂、開店

見えないから美味しい。
見えないから楽しい。
見えないからひろがる。

目隠しをした真っ暗闇の中で飲食とコミュニケーションを体験するイベント、
その名も「クラヤミ食堂」。

視覚に頼る生活を送る現代人から視覚を奪い、
他の4感覚(聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を刺激することで見えてくる感覚体験は、
「今まで見えなかったもの」、「忘れていたこと」を気付かせてくれるはず。

こどもごころ製作所が、この秋おもてなしする
「気付きと出会いのパーティー」に
是非とも、いらっしゃいませ。

日時:10月4日(木) 18:30会場 19時開演
料金:8,300円(コース料理・フリードリンク込み)
場所:赤坂テーブルスタジオタキトー
URL:http://kodomogokoro.jp/#/workshop/kurayami/

*******************************


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


2007年09月08日 11:16

もうすぐ第5期開催です!

Report TOP > デザインコミュニケーション学部

デザインコミュニケーション学部
いよいよ第5期がはじまります。
その前に第4期後半を振り返ります。

■嶋浩一郎さん×小山薫堂さん
『トマト』THE MAKING!!

ひたすら2時間、食材”トマト”をテーマに考えました。
この授業の中から、”皮むきトマトでつくるトマト嫌いな人でも食べら
れる
美味しいレシピ”の取り組みが、
『旬がまるごと』9月号に掲載されました。


■ジョン・C・ジェイさん(ワイデン+ケネデイ)の
DJとのセッションによる完璧なプレゼンテーション!!


■津村耕佑さん
『エアー・ラウンジという空間の創造 』の課題に対して
災害時から、旅行、移動空間へと話題が広がってゆきました。


■中村貞裕さん
都会の遊び場から『生活の遊び場』として住む人の意識をかえる
新しい生活スタイルを提案する中村さん。
LAの最新のホテルの映像とともにお話が広がりました。


■サイラス/ヒッキーさん
サーフィン映画を製作中!


■スウエーデンレクサンド起業スクール
2月に黒崎学部長がスウエーデンで講演。今回は
ラッセ校長、アルフ理事長に池尻にお越しいただきました。
『今何故北欧なのか?学び・仕事・暮らしの統合の視点から』


■百瀬博教さん
公開百瀬塾VOL4.破天荒な生き方の百瀬さんから人生を学ぶ!

■渡邊かをるさん×片山正通さん
アートデイレクターの大御所と話題の空間を手掛ける
インテリアデザイナーのスペシャルセッション!
最後を締めくくってデザインの深いところのお話となりました。


その他にも
■マーク・ダイサムさんの回に MVRDVの
ヤコブ・ファン・レイスさんが遊びにきてくれました。
原宿のエスキス表参道跡に建築中の『GYRE(ジャイル)』は
いよいよ11月にオープンです。


そしていよいよ第5期開催です。
今期もまた教室でどんなセッションが展開されるのか楽しみです。
学校説明会もいよいよ最終です。


Report TOP > デザインコミュニケーション学部

▲TOP


2007年09月07日 11:24

俳優コース 第3回目

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

回を追うごとに熱を増していく俳優コース。
今回のゲストスピーカーも第2回に引き続き
木下ほうかさんでした。


8月19日(日)第3回目
本日第3回目の授業。

生徒達は毎回与えられた台本を持ち帰り、
課題に取り組んでくる。

きちんと台詞を覚えてくる人、自分なりにアレンジしてくる人、
服装も考えてくる人等々・・
やりこんできた人の目や手の挙げ方はよく目立つ。
3回目になると少しずつ取組姿勢に違いがでてくるようだ。

本日の学部長の講義テーマは「映画業界の仕組を知る」

以前も少し触れたが、自分の出演した映画のプロダクションや
監督を知らない俳優が意外と多いという話だ。

「映画が好きだ」という熱い気持ちは映画俳優にとってはとても大事だ。

ただ当たり前の話だが、映画俳優は職業であり商売なのだ。
どんな演技の上手な男優であろうと、綺麗な女優であろうと、
業界の知識 (仕組)やビジネス感覚を持たない
俳優は長くは生き残ってはいけないのだろう。

今はインターネットで誰でも簡単に情報が入手できる時代。
学部長が話された会社の概要や関連会社・関係人は早速押さえておくべきだ。
30年近い芸歴を持つ木下ほうかさんもよく大事だとお話されているので、
間違いなく必要なのだろう。

そのほうかさん。
忙しいスケジュールを調整して今週も指導していただいた。

授業では、生徒の演技スキルをきっちりと見てみたいという事で、
「命が残り少ない母に対するビデオレター」を題材に急遽撮影を行った。
こんなことをやるのも俳優コースならでは。

生徒達は大変だが、台本が変わることは
実際の撮影中にもよくあること。

プロのカメラマンが丁寧に一人ずつ撮ってくれるので、
自分がいかに対応できているか、
DVDを借りて何度も観て研究してほしい。

最後に一つ。
現在シネカノンで製作中の正月映画「歓喜のうた」では
俳優コースの生徒がエキストラとして参加いただいている。
映画の撮影現場を経験したことのない人は
今後も積極的に参加していただきたい。

本日の学部長の話にあるように、俳優や監督その他のスタッフが
現場でどういう役割分担や関連性で動いているのか、
よく見て知っていただきたい。


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2007年09月07日 10:44

俳優コース 第2回目

Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

俳優コース第2回目のゲストスピーカーは俳優の木下ほうかさん。
映画学部長の李さんとゲストの木下ほうかさんの
前後半の4時間にわたるセッションレポートです。


8月12日(日)第2回目
本日第2回目の授業。

1回目と違って、ジャージやスニーカー姿の生徒が目立つ。
俳優コースは演技の時間が長いので
動きやすい格好が必要なのだ。
ただ、皆の表情はまだまだ硬い。

本日の学部長の講義テーマは「映画祭」。
映画祭での売買の対象は「映画」だけでなく、「人」でもあるという。
特にヨーロッパの映画祭は、有名な映画監督や俳優が
必ず集う大きな出会いの場だ。

今後映画俳優を目指す生徒の方々は、
出品されている作品もさることながら、
受賞された俳優のインタビューコメントにも注目していただきたい。
本人の映画出演に対する想い、考え方、取組姿勢が見えてくるだろう。

また、今年5月のカンヌ映画祭でグランプリを受賞した
「殯(もがり)の森」(河瀬直美監督)。
作家塩野七生さんの「カンヌ好みの作品だった」
というコメントにスポットをあてた学部長の話は大変興味深かった。
映画祭の背景にある政治事情、ビジネス事情を鋭く、
分かりやすく説明いただいたのではないだろうか。

本日のゲストはあらゆるジャンルの映画で
幅広く活躍されている木下ほうかさん。

このスクーリング・パッドから映画スターを輩出することに
誰よりも情熱を持っていただいている方だ。
生徒の指導にも自然と熱がはいる。
但し、ほうかさんははっきりと言い切る。

「この学校では生徒全員を公平に扱わない。俳優の世界がそうだから」

芸能界でいかに生き残るかを追求し続けてきた
ほうかさんならではのリアルなコメントだ。
非常に厳しいお言葉だが、これは核心をついているし、
我々スタッフも同じ思いだ。
何かを学んで帰っていただこう、経験していただこうという
甘い気持ちで学校をやっている訳ではない。

是非12月まで1人でも多くの人が勝ち残れるよう、
次回授業までの1週間を有意義に過ごしていただきたい。
お互い真剣勝負!


Report TOP > 映画学部  > 映画俳優コース

▲TOP


2007年09月05日 12:07

9月20日のフードリンクセミナーで中村学部長が講演

Report TOP > レストランビジネスデザイン学部

レストランビジネスデザイン学部の中村悌二学部長が
フードリンク主催の第54回フードリンクセミナーにて
今まであまり語ることのなかった
「商業施設を360度評価」というタイトルで講演します。


------------------------------------------
9月20日(木) 14:30開場

◆15:00〜16:30 セミナー (3000円)
場所:東京  渋谷 フォーラム8
東京都渋谷区道玄坂2-10-7
TEL : 03-3780-0008

◆17:00〜19:00 交流会 (5000円)
場所:神南軒
東京都渋谷区神南1-20-5 NAVI SHIBUYA 9F
TEL 03-5784-4455
------------------------------------------
お申込みはコチラ(フードリンク)より
お願いいたします。


Report TOP > レストランビジネスデザイン学部

▲TOP


2007年09月04日 12:07

【チーズ@ラボ Pro in IID】

Report TOP > CREWからのお知らせ

レストランビジネスデザイン学部2期生の佐野さんより
恒例の【チーズ@ラボ】のご案内です。

定期的に開催いただいているこのワークショップも
間もなく1年になります。
今回は“Pro”というだけあって3回セットのプログラムになっています。

--------------------------------------------------------
こんにちわ、レストラン学部2期のさのかなです。

IIDカフェにて、ワークショップ「チーズ@ラボ Pro」を開催します。

今回のお題は”本格フランスチーズ3回コース”
いつもより詳しい内容を学ぶプロフェッショナルコースで
フランスチーズを極めましょう。興味あるひとはぜひ!

@9/29(土):白カビ&山羊&フレッシュタイプ
A10月第4週予定:ブルー&ウォッシュ&ハードタイプ
B11月第4週予定:AOCチーズについて
※1回のみ参加もOKです

【チーズ@ラボ プロフェッショナル in IIDカフェ】
(日にち)2007年9月29日(土)19:00〜20:30
(場所)IIDカフェ
(定員)8名 *先着順
(費用)3,500円 *食材費こみ
(申込方法)
名前/クラス/連絡先(電話&メールアドレス)を下記まで↓
ksano@pf6.so-net.ne.jp

こちらから確認のメールを差し上げます。

チーズ@ラボブログもよろしくです↓
http://cheese-labo.cocolog-nifty.com/

お問合せは
佐野加奈(2期土レス)
ksano@pf6.so-net.ne.jp
-----------------------------------------------


Report TOP > CREWからのお知らせ

▲TOP


<<<August 2007Report TOPOctober 2007>>>

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

search


ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.