レストランビジネスデザイン学部

学部長からのメッセージ

「繁盛する飲食店をつくりたい」
「新しいビジネスを起業したい」
さあ、目の前のドアを開けよう!

 飲食に対して熱い想いを抱いている人は、とても多い。けれども、そんな想いで始めたビジネスの多くが、残念なことに「失敗」に終わっている。それは一体なぜだろう?

 そこには大切な要素が決定的に欠けているのだ。時代の空気を感じる力、オリジナリティーある企画を生み出す力、趣味ではなくビジネスとしての視点、形だけではない人との繋がり、これらを抜きにして「成功」は決してあり得ない。ここで言う「成功」とは、ただの金儲けのことを言っているのではない。自分のスタイルで、しっかりと仕事を続けていくこと全てを意味している。

 今、飲食業界はかつてないほど変化が激しく、混沌とした状況にある。今までの正攻法がそのまま通じるほど甘くはない。けれども、新しい方法論は見つかっていない。これを「チャンス」と捉える前向きな姿勢が何よりも大事だ。飲食店自体はもちろん、それを取り巻く関連ビジネスにもチャンスの芽がゴロゴロしている。周囲をしっかり見渡して、悩み考え抜いて、きらりと光るアイデアを生み出して欲しい。そして、それを武器に、閉塞感あるこの業界に風穴を開けて欲しい。

 これまでのクルーの中から、面白い動きが現れ始めた。新たに飲食店を開業した人だけでも30名以上いる。また、これまでにない飲食ビジネスの仕組みを考えて起業した人もいる。ゲストスピーカーの考えに共鳴して転職をした人ならば、それこそ無数にいる。今後はさらに活躍する人が続々と生まれていくだろう。私たちはこれからも、そんな志のある皆さんを徹底的にサポートしていく。皆さんの参加を心から待っている。さあ、目の前のドアを開けよう!

レストランビジネスデザイン学部長 中村悌二

【中村悌二 プロフィール】

1960年、福島県会津若松市生まれ。大学卒業後、アパレル業界を経て、1988年に「フェアグランド」(バー)を下北沢に開店。現在、直営5店舗。また、高級和食店から居酒屋、ラーメン店、丼屋まで幅広いジャンルの飲食店をプロデュースし、これまでに60店舗以上の立ち上げに携わる。他に、「玉川高島屋S・C新南館飲食フロア」、「柳小路ビル(二子玉川)」そして「東京ビル TOKIA」などの商業ビルの飲食スペースのプロデュースも数々手がけている。故郷、会津若松市の町興しプロデュースも始めた。

▲TOP

reportレストランビジネスデザイン学部

12/10

飲食店の意義

2013123009s.jpg15期最後のゲストは、株式会社ゼットンの稲本さんです。 今回も心揺さぶられる熱いセッションになりました。

▽続きはこちらから▽
飲食店の意義


12/10

ローリスク・ミドルリターン

2013123007s.jpgゲストはリヨンブルーアンテルナショナル代表の安生浩さん。 安生さんは「ポンデュガール」や「ガールドリヨン」など、 銀座界隈で連日大繁盛の小箱系ワイン業態を展開しています。

▽続きはこちらから▽
ローリスク・ミドルリターン


12/10

農家のために挑戦し続ける

2013123005s.jpgゲストは、中目黒の野菜スイーツ専門店「ポタジエ」を 運営している株式会社イヌイの柿沢直紀さんです。

▽続きはこちらから▽
農家のために挑戦し続ける


12/10

知的な変わり者

2013123003s.JPGレストラン学部15期で3人目の初登場ゲストは ヤッホーブルーイングの井手直行さんです。 同社は代表ブランド「よなよなエール」が大人気の 地ビールメーカーです。

▽続きはこちらから▽
知的な変わり者


12/10

やってやって やりきる

2013123001s.jpgゲストは数多くの業態を展開している、ダイヤモンドダイニングの松村さんです。 いつも周囲の人を楽しませてくれる松村さん。 今回も松村さんの世界にぐっと引き込まれた回になりました。

▽続きはこちらから▽
やってやって やりきる


>>> これより以前の記事はこちら

学部紹介

デザインコミュニケーション学部
デザインコミュニケーションコース
グローバルデザイナーコース
ブックコンシェルジュコース
桜の園
レストランビジネスデザイン学部
レストランビジネスデザインコース
街マーケティングコース
映画学部
映画俳優コース
映画実践講座集中コース
関西サテライト
農業学部

ご興味のある方、ご入学をお考えの方はこちら

COMPANY PROFILEPRIVACY POLICY

©Schooling-Pad All Rights Reserved.